2015年8月25日火曜日

原種または...

プルメリアの原種については諸説ありますが、あまり解明されていない分野で、調べれば調べるほど混乱します。長年プルメリアの研究(特に原種)をしているハワイ大学のDr.クライリー教授も良く分からない。って言っていたくらいなので私にわかるはずもありません。

プルメリアの本が再販される度に書き換えられているって言っていました。書いている人も新たな情報がある度に混乱しているのだとおもいます。例えば、原種には香りがない。って書いてあるのが書き換えられていたり。以前私もそう書いてある記事を読んだのでそう思っていましたが、実際に農場へ通うようになってからは、実際に嗅いでみて、わずかですが香る事を知り、香りがないと言ってしまうには誤解が生じると思っています。

見るからに「原種っぽい」プルメリアの木。


白花なのも原種っぽいです。



葉っぱはAlba(アルバ)っぼいかなり細い葉です。



種がいっぱいぶら下がっている所も原種っぽいです。



花は比較的こぶりです。あまり原種に詳しくはありませんが、原種にしては花弁に厚みがあるように感じました。シンガポールプルメリア程度の厚みがあります。




びっくりしたのは、とにかく強い芳香があります!!!間違えなくジャスミンの香りです。この花は何なのでしょう???ジムはSp.セリシフォリアには香りがある。って言っていましたが、これはセリシフォリアではないと思います。前に見せてもらったのはもうちょっと葉がワイドだったような....。また新たな混乱が....。

原種とのハイブリッド種も農場にはたくさん植えられているので、もしかしたらハイブリッド種の可能性もあります。今度調べてもらわないと!

香りの良い原種ちっくな花、これなら育ててみたいと思いました!