スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

2022 new releases

すでにウェブ上には掲載されていましたが、 今年のジムリトルナーセリーからは5品種が新しくリリースされています。 http://www.jimlittleplumeria.com/new.html ウェブで紹介している内容に加え、バックグラウンドストーリもご紹介。 JL Bud Guillot  プルメリアを通じて親交の深かったバッド・ギルオット氏を偲び、ジムリトルの代表的な交配種であるJL Metallicaの実生に彼の名前をつけました。やや紫がかった濃いピンク色の美しい大輪品種です。香りも強く花付きも良い品種。中型の樹形。 >>プルメリアの普及に貢献したバッド・ギルオットさんが亡くなられたのですが彼にふさわしい花に名前をつけようと、ジムさんが選んだお花です。これはMetallica2と仮名でしばらく呼ばれていました。JLメタリカの実生です。花はピンク色ですが少し紫がかった色でメタリカの実生だという事もうなずけます。大輪の花をたくさん咲かせる良い品種です。 Guillot Sunsetというバッド・ギルオットさん自身が名付けた品種もあります。ウェブに掲載されていなかったので追加しておきました。   JL Richard Eggenberger  プルメリアの普及に欠かせない人物メアリ・ヘレン・エッゲンバーガーの旦那さんでもあるリチャード・エッゲンバーガー。Handbook on Plumeria Cultureの著者でもあります。JL Mary Helen Eggenbergerの品種と同様に良く開花し、沢山の花を付け、香りの良い品種です。花のサイズはかなり大きめの12cm、上に伸びるやや大きめの樹形です。 >>チャード・エッゲンバーガーさんは今はインドだったかな?どこかアジアの国に移住しているそうです。大輪でピンク色で香りが良い花が好きだというリクエストに答え、この花が選ばれました。毎年花で木が覆われるほどたくさんの花をつけています。 JL Sensation   花径8cmの発色の良い赤系品種。ややパゴダ系に近い花弁で、中型の樹形。甘い香り。 >>実生の区画でキレイな珍しい花を見つけてもなかなか同じ場所に戻れず、どの木だったか分からなくなるという「農場あるある」で何年も発売が遅れた品種です(笑)最近はその場でタグを付け、写真をとり、バックアップのカッティングを採

最新の投稿

夏の予約・鉢植え開始しました

バッグルーティング苗アップしました

発送完了のお知らせ

発送日のお知らせ

予約苗発送遅延のお知らせ

プルメリアの剪定

予約苗発送日は5月29・30日です。

春の予約苗締め切り間近!

2022年度メンバー募集開始

JL Church Ruffles と JL Temptation