投稿

9月, 2015の投稿を表示しています

Mele Pa Bowmanのお家!(保存版)

イメージ
キャーーー!
Mele Pa Bowmanのお家に行ってきました〜♪というか、覗いてきました〜!!!

よく意味がわからない方には簡単にご説明しますと、黄色のシンガポールプルメリアで、CeladineとSingapore Whiteのノースショアで見つかったハイブリッド種です。香りもシンガポールプルメリアにかなり近いと思います。葉はシンガポール同様に、光沢・厚みのある丸葉ですが、ほんの少しだけ先が尖っています。
>>前回の記事からなんと3年!詳しくはこちらをお読みください。

ノースショアのハレイワからほど近い、ワイアルアという地域の家です。プランテーション建築の家が立ち並ぶ古い町にマイレさんの家はありました。(Mele Pa Bowmanはマイレさんの母親の名前からとりました)

この家で咲いている新しい黄色のシンガポールプルメリアを見つけたのは『ドナルドアンガス』氏です。さすが目利きです。アートコレクターでもあったドナルドアンガスの存在なくしてハワイのプルメリア史は語れないほど良く名前が出てきます(笑)





手前の一部が枯れているのがちょっと気になりました。大丈夫かな?


実生から育ったプルメリアですが、近くにはCeladineとSingaporeの木があるはずです。




でも、横に植わっているのはKimoでした。 !?!? ゲートの横に小さめのCeladineが1本植わっていましたが、それが親木だとは思えません。
随分ここには来ていないけれど、マイレさんには、いろんなプルメリアをプレゼントしたからKimoを育てはじめたのかな?(ジムリトル談)
家の反対側には樹齢80年を超えるシンガポールの木が植わっていました。


近所にもたくさんSingapore Whiteが植わっています。Obtusa種はハワイに一番最初に入ってきたプルメリアです。(一番古い木はフォスター植物園で見られます。) 【訂正!】一番最初にハワイに入ってきたプルメリアは1860年でCommon Yellowです。フォスターでみられる古木もCommon Yellowです。Celadineって言っても良いのかもしれませんが、木が古いからか、若干花弁が違う気がするんですよね。オブツサ種(Singapore White)その後1931年です。



とにかく、私のお気に入りのプルメリア10位以内に入る『メレパボーマン』の元の木…

JL Banana Berry

イメージ
JL Banana Berry (JLバナナベリー)花径7-8cm。香水のようなとても強い香りがしました。枝が細いです。花弁の重なり方が変わっていて、5枚中1、2枚が内側に入っているように見えます。



咲き始めはベリー色で、徐々にバナナ。


樹形はかなりコンパクトです。生長がゆっくりなのかもしれません。品種によってかなり生長の速度や樹形がかなり異なります。本当に個々にキャラクターがあるので、育て方もそれぞれの個性を見出していかないといけないのだな。。。というのが最近分かってきました。なんか植物も人と似ていますね。そのうち『プルメリア〜Celadineの育て方〜』とか品種ごとに紹介しないといけなくなったりして!







Scott Pratt

イメージ
Scott Pratt (スコット・プラット) はメジャーな赤系プルメリアの1つです。

赤花は葉のエッジにも赤っぽい色素が入っていたり、色が濃かったりするので、花が咲いていなくても、葉の色で多少見分けることもできます。

スコット・プラットの葉の色は特に赤茶色で濃く見えるので、目立ちます。葉の裏は太陽の光でシルバーに光っているようにさえ見えます。独特の雰囲気を持った赤色プルメリアです。

ちょうど手前にグリーンの葉が見えたので、違いが良く分かる写真が撮れました。









雨のあと

イメージ
雨が多すぎ&暑かった今年のハワイ。ついに農場にキノコが生えてきました。



(注:美味しそうだけど、食べたりしないので安心してください)



たくさんの雨で農場にはまともに行けない日が続いていましたが、植物は喜んでいます。プルメリアの木の下ではこぼれ落ちた種からたくさん発芽していました。こんなに一斉に芽吹いているのは、今まで見ることができなかった風景です。たくさんの雨のおかげです。


全部育ててあげたい気持ちにかられます。

落ち葉をどかすと、思っていたよりコロコロとした赤土が広がっていました。ミミズも居るのでしょうか?

Vera Cruz Rose、花の数が少なくなってきていますが、いつも咲いているイメージです。(四季咲きと呼びたいくらい)雨がたくさん降ってまたきれいに咲いてきました。


少し前に見たときはツボミがないと思ったけれど、やっぱり花芽も出てきていました。が終わった頃にまた別の枝から、花芽が出てくるのが理想的なパターンですよね!


初開花のプルメリア!

イメージ
実生(種から育てた)プルメリアに花芽が付いていた。私が1年前に小さいポットから少し大きめの鉢に植え替えたプルメリアです。トータル2年半くらいでしょうか?実生は日本だともっと大きくならないと咲かないので、やはりハワイだと開花が早いのだと実感しました。
>>過去の記事「2014年6月27日:植え替え

色もきれいで香りも強かったのでキープです。今後、開花の度に他に似たような品種があるか、特に変わった特徴があるか、などを観察していきます。

全然気にしていなかったけれど、良くみたら。。。

これにも花芽が付いていました。花芽が数個しかない...。初開花だからなのか、蕾が充実しない株なのか、2回目の開花を待ってみないと分かりませんが、咲いたらすごいきれいだったりして!見逃さないようにしなければ・・・


枝分かれしている実生苗を発見。

間違えなく花が咲いた跡です。完全に見逃しています・・・(笑)

ノースショアの赤土にシンダー(溶岩石)を混ぜただけの土に緩行性肥料(水やりの度にゆっくり溶けて浸透していく粒状の肥料)を撒いてあるだけなので、もっと手をかければ、もっと早く開花しそうですね!



ちなみに植え替えをした時の過去の記事を読んでいて、私が植えたPlastic Pink Seedlingがどうなっているか気になる所ですが、今こんな感じで生長中。1年と5ヶ月目です。来年の春に植え替えをしようかな。



ちなみに左の葉っぱが少ないのは、葉の裏にサビ病が少し付いていて切り落としたから。先週ハワイ州の植物検疫の検査官が来て色々チェックしていきました。半年に1回チェックがあります。色々規定があって、その項目をクリアしている事が条件です。農場だけでなく、家の裏庭ナーセリーで育てたプルメリアも植物検疫のスタンプがもらえます。







明日こそは農場へ!

イメージ
すごい豪雨続きで農場にはしばらく行ってない気がします。今週から晴れる予定だったけど、月曜日に晴れただけで、あとはずっと雨。観光でハワイに来ている人は可哀想ですね。私も苗木のカットに来ていたとしたら、相当ドキドキ、イライラした事でしょう。明日があるさ!と思えるのがスバラシイ〜!

ようやく土が乾いてきたので、明日は農場へ久しぶりに行ける予定。


朝、7:30頃から出かけるのが日課ですが、コーヒーとフルーツは家から持って行って、あとはププケアのフードランドの。。。



クロワッサン(上にチョコレートがちょっとだけトッピングしてある)にハマっています。

フードランドにはフレッシュなハーブが売っていないので、ホームデポで買っておきました。



先週購入したローズマリーに加え、


今日はミントとバジルとシソの苗を買っておきました。「料理を楽しもう!」というのが課題でもあるので、楽しむアイテムを増やしています。



今日は、夜ご飯を作っている途中にデーン(クラークの息子)が日本語クラスの宿題を教えてくれ。ってやってきました。各国の地名を日本語で読んで英語に直すという宿題。「キリマンジャロ」→「Kilimanjaro」「イギリス」→「England」といった具合に。カタカナを音読するだけでも時間がかかるのに、そこから国を想像するなんて、意外と難しいですよね!そもそも地名自体わかって居ない場合もあって(笑)そりゃ、考えても分からないだろう。。。みたいな。私にとっては英語の勉強にもなるし、面白かったです。学校の先生はたいして日本語上手じゃない。。。とか言っていたけど、日本の英語の先生だって、文法は教えられても、しゃべるのは苦手な先生も多かったですよね。
隣でクラークは私の夕食を終始つまみ食いをし(←ジムとクラークは識字障害があるから手伝えない。アメリカではとてもメジャーな障害で、アーティストに多いです。マットさんを含め私の周りにはなぜかとても多いです。)途中からやってきたブロックは英語のスペルを教えてくれたりして、私の部屋の広〜いキッチンスペースがめずらしく賑やかでした。
今度は「日本語の宿題しながら、日本食の夕飯でも食べていけば?」と言ったら嬉しそうにしていたので、また来るでしょう。だんだんと関わる人が増え、生活をしている感じになってきたのが嬉しいです。
今は全く日本語を使う環境にいないので、文章…

MYプルメリア植えました!

イメージ
ハワイに来て、1週間目に気づいたこと。どれだけ農場に大量にプルメリアが植わっていて、観察をしていても『育てている気がしない』ということ。やっぱり自分で植えて育てないと自分のプルメリアだって気がしないようです。

ということで、MYプルメリアを植えることにしました!さっそく苗木を調達に。もちろん最初の1鉢はJL Marekaにしました。



家の園芸用作業机を整理して、


いつでも植え付けや植え替えができるように使いやすく整理しました。2週間乾かしておいて、昨日植え付けました。



実は、プルメリア・ユニバーシティ的にはNGだらけですが、どうしてもすぐに植えたかったので、許してください。。。ダメな所を記しておきます。
注意点から学びましょう。 植え付けの時期は春です。(ハワイなので許してください。日本では根が出る前に休眠の時期に入ってしまうので、もし根のない穂木がお持ちの方は春まで置いておきましょう。色がグリーンの穂木をお持ちの方は若い苗で水分が蒸発しやすいので保管には向きません。パーライト100%に挿しておいて一回だけたっぷり水をやりそのまま休眠に突入させます。←去年やって成功した方法)ルートンを付けていません。(すみません、今度買っておきます。PUは発根促進剤を付けてから植えることをおすすめしています。)苗木に対して鉢が大きすぎます。(もっと小さい鉢に植えてください!!!鉢の大きさと苗木のバランスはとても重要です。プルメリアを苗に対して大きすぎる鉢に植えると土がなかなか乾かずに育ちが悪く、プルメリアの場合「少し小さいかな?」と思うくらいが丁度よいバランスです。私の鉢は昨日植えたばかりなので、今なら植え替えても大丈夫ですが、今植えてあるものを、わざわざ小さい鉢に植え替える必要はありません。根を傷める方がダメージになります。)毎晩大量の雨が降っています。(軒下で育てようか一瞬迷いましたが、昼間はびっくりする程暑いし、気温は安定しているのでこのまま自然の雨に任せて放っておく事にしました。多分次回チェックするのは1週間後だと思います。プルメリアとの付き合い方はそれくらいが丁度よいのです。日本ではより暖かい場所を求めて、毎日置き場所を変えたりしない方がよいですよ。移動させるのは台風で鉢が倒れそうな場合と、冬に室内に移動させる時と、春に室外へ出す時と、お花が咲いた時によく見える場所に置い…

JL Plumeriaのネット販売再開しました。

イメージ
お店が開いている事の方が少ないウェブショップですが、再開しました♪
鉢植えまたはバッグルート苗です。あと1ヶ月半程度で休眠の時期へと入っていきます。冬越しが心配だな〜という方は次回の苗木予約販売までお待ちください。(年末より予約販売を行い、春に発送いたします。)
http://plumeria.theshop.jp

ハワイ滞在4週目。

イメージ
ハワイに来て3週間が経ちました。今まで3週間以上いたことがないので、これからは未知なる世界です。はじめての事も多く緊張しているせいか、思い返すともう3ヶ月くらい経ってる気がします。

周りの友人と比べると私は食への関心が低いようですが、料理は楽しいです!今日は、パパイヤサラダ作ってみました。うっすら黄色い方がいいのかと思ったけど、中はもうオレンジ色だった。(で、ニンジン入れるのやめた。)もっとグリーンでもいいみたい。美味しかったので、色んなレシピを試してみたい!


朝は裏庭でお花を摘んだり、マンゴー(落ちて臭くなる前に)収穫したり。

ファーマーズマーケットで食材を仕入れたりするのも楽しいです。左上のツル性植物はフィリピン人が良くスープに使う食材だと聞いて(農場に生えてたのでとってきて)味噌汁に入れてみましたが、苦くてびっくり。Bitter Mellonと言って、ニガウリみたいな味で、フレーバーとして使うもので、葉っぱは食べない。と、後で知りました。



ププケアのフードランド(小さなスーパー)になんと!(埼玉県)川越の地ビールKOEDOが売っていました。びっくり。すごいぞ、小江戸、川越!



トラックの荷台に乗るコツもつかみました。帽子は必須。荷台の角に深く座り、手を伸ばしトラックのヘリをつかみます。


新しいニュースは、クラークの家に新しい家族が増えました。シーズーとポメラニアンのハーフだそう。


肉付きの良いパグちゃんに慣れてるから、こんなに軽くてか弱いわんちゃん、潰してしまいそうだ。ふわふわ♪





お便り。

イメージ
皆さんの開花報告を見て私も送りたくなりました。ちょうどPUのブログの話題になってるモラーニです!我が家のはエディ(モラーニ)ちゃん。去年購入させてもらって今年咲くなんて嬉しい♪  その他、蕾状態なのはキモとカリフォルニアサンセット。こちらも楽しみ!

因みに、一昨年購入のフラガール(レッド)ちゃんは今年も沈黙。木のみがグイグイ成長しております(笑) 。今年購入のワイメアちゃんも元気!毎朝眺め過ぎて、仕事に遅刻しそうになっています(笑)

PU>>Ediは育てやすいし、咲きやすいから私も好きです。木の生長とともに、花の色やサイズも安定してくると思います。Moragne種はどれも比較的育てやすいような気がします。ただ、大きくなるのは覚悟しておいてくださいね(笑)





次に、水やりに関するお問い合わせがあったので、他にも共通の方が居るかな?と思い、メールのやりとりをシェアさせていただきます。
水やりの質問
お問い合わせ>> こんにちは。いつも参考にさせて頂いてます。 春のイベントの志木フラワーさんから購入したプルメリアですが 幹も太く葉もたくさんで元気だったプルメリアがここ1ヶ月幹が全体的にシナシナでシワがあります。触っても柔らかいです。水やりも控えてます。葉は色が変わってきたので全部折って取ってしまいました。今は新しい葉が5センチ何本か出てきました。このままで大丈夫でしょうか? 一つは今年初めてダメにしてしまいました。ご助言いただけたらと思いメールしました。お願いいたします。

PU>> お問い合わせありがとうございます。内容からだけの情報ですと、なんとも結論付け難いのですが、よくある相談の多くが、水やりを控えすぎて水が足りていない場合があります。水やりは与えるときはとにかく『たっぷりと』与えます。その後、乾くまで与えずに置いておきます(←放っておきます。くらいの方が正しいかも...)根全体に水がまわっていないと水分が吸収できずにシワシワになります。もし心当たりがある場合はまずは水をたっぷりと与えてから数日間様子をみてみてください。葉が落ち始める10月頃までは、水は与えるときはたっぷりと与えてください。

お問い合わせ>> おはようございます。早急なお返事ありがとうございます。きのうすぐに たっぷりと水をあげました。今朝見たら茎が見違…

Jean Moragne Sr.とKimi Moragneの違いについて

イメージ
昨日に引き続き、モラーニ種の見分け方。

一見とても似ている花がJean Moragne Sr.(ジーンモラーニ・シニア)とKimi Moragne(キミ・モラーニ)です。

花を見ただけでは分からないくらい似ている気がします。まあ、同じシードポッドから産まれた品種なので、姉妹だし、双子のようなプルメリア居るのも納得いきます。(実際には育種家Bill Moragneの奥さんと孫の名前です)それでも、品種名が付いているくらいなので、違う特徴があります。


  まずは 『香り』。これは大きな違いです。
Jean Moragne Sr.は香りが弱めKimi Moragneは強めのスパイシーな香り



  次に 『 つぼみの形状』。
Jean Moragne Sr.はつぼみがちょっと波打っていて、特徴的です。Kimi Moragneはここまでウェーブではなかったと思います。写真がないので、またこんど。

  最後に 『生育特徴』。
Jean Moragne Sr.はKimi Moragneより花付きがとても良いです。(花芽が付きやすいです)これは鉢植えで育てる上でとても重要な要素!
以上、大きな違い3つで見分けられます。


Photo©Jim Little Nursery and Farms


Jean Moragne Jr.とSr.の違いについて

イメージ
Moragne(モラーニ)はプルメリアの品種の中でもMORAGNEのカテゴリーを作っても良い程メジャーな品種です。Bill Moragneさんによって作られた交配種で、大輪なのが特徴です。

Jean Moragne(ジーンモラーニ)にはJR(ジュニア)とSR(シニア)があります。似た名前ですが全く違う品種なのでおさらい。

Jean Moragne JR.ジーンモラーニ・ジュニア花茎12〜13cm前後発色の良いレインボー早咲き(現在はあまり花が残っていません)甘い香り(マイルド)枝は太く長く上に伸びるJeannie Moragneと呼ばれている事もありますが正式名称はJean Moragne Jr.です

花が上の方にしか残っておらず、摘めなかったので、落ちていた花を撮影しています。



枝は真っ直ぐ太いです。上の方に伸びる特徴があるように見えます。


Jean Moragne SR.ジーンモラーニ・シニア花茎12〜13cm前後発色の良いピンク9月3日現在、開花中香りは弱め枝は太く横に伸び、比較的低い樹形を保っている


Photo©Jim Little Nursery and Farms