投稿

3月, 2016の投稿を表示しています

苗木オーダー締切迫る!

イメージ
春のプルメリア苗木予約販売の締切日が近づいてきました。植え付けには最適の5月上旬に発送いたします。締切は3月末日です。忘れていた方の為に4月上旬までは注文できるようにしておきますが、お早めに〜!

どなたでも購入可能ですが、PUメンバーには園芸品種の苗木をもれなく1本プレゼントしています。



詳しい内容&ご注文はこちらから。
http://www.plumeria-univ.com/news.html

品種の写真はこちらでご確認できます。
http://www.jlplumeriahawaii.jp

Bali Whirl

イメージ
朝はコーヒーギャラリーでダークローストのコーヒーをボトルいっぱいに入れてもらう所から始まります。今日はハワイアンの友人の家に立ち寄りました。大晦日のカウンドダウンを過ごした家です。前回は暗くて良く見えなかったけれど、住宅街の先に広がる広大な牧草地(ヤギや牛を飼っている)全体が彼女の家でした。とてもハワイらしい風景です。

プルメリアの木もいくつかありました。


花は咲いていなかったけれど、つぼみを見ただけでもう分かりますね。そう、Bali Whirl(バリ・ワール)です。10枚の花弁を持つ少し変わったプルメリアです。Celadineの変種で香りも良く育てやすいです。



つぼみを沢山つけていたので、満開になった時を見てみたいです。



2016年度春プルメリア予約受け付け中
http://www.plumeria-univ.com/news.html






ハワイで一番美味しいアヒポケ!

イメージ
たまにはノースショア食べ物情報も。

ハワイに来たら食べたくなる。アヒポケ丼。日本で言うところのマグロの漬け丼です。ベイシックなしょう油味以外にもオイスターソース、スパイーシー、などもあります。

私はマグロは日本でほぼ食べる事はないのですが、ハワイではアヒポケ丼を食べます♪ 冷凍していないからかな?フレッシュで美味しいです。

ハワイで一番美味しいと言われているアヒポケはノースショアにあります。ワイメアよりさらに北に車を走らせるとKAHUKU(カフク)という街があります。(ガーリックシュリンプで有名な街です)

その有名なお店は古い小さな地方のスーパーマーケットです。





アヒポケ以外にも、美味しそうなキムチとか、タレに漬け込んだバーベキューリブなども並んでいます。


ガラスケースとかじゃない昔の作りだからちょっと不便で、自分で重いトレーを持って向かいのお姉さんに渡さないといけません(笑)


スモールサイズのカップを選んで「ご飯も入れてください」とお願いします。玉ねぎと青ネギと白ごまを和えたシンプルなアヒポケ丼です。味が染み込んでトロっとしていて美味しい上に、しょっぱくなく、さっぱりしています。ビーチに持って行って食べました。


富士山のような柄...幾何学模様が美しい小さい貝も見つけました。





春の農場

イメージ
冬場は雑草の手入れ(ハワイでは冬でも雑草がぐんぐん伸びる!)くらいしかする事がなかったプルメリア農場でしたが、春になり農場に人の出入りが多くなってきました。
重機は扱えないし、水周りのパイプは修理の仕方を知らないし、芝刈り機は危ないといって手伝わせてくれないし、『枝のカッティング』は私が唯一お手伝いできる事の一つです。トラック4台分くらいカットしました!




2週間くらい乾かしてから、植え付けます。これはハワイのホームセンターに並ぶ予定です。白、黄色、ゴールド、ピンク、レインボー、とプディカ。

ハワイでは溶岩石が手軽に手に入るのか、とても色々な用途に使用されています。黒くて見栄えも良いのでグラウンドカバーの様に使われたり、水はけがいいので培養土として一緒に土に混ぜたりして使います。

近くで見ると分かりやすいと思いますが、穴がいっぱいあいていて、とても軽いのです。パーライトの代わりとしても使えます。ただ、この溶岩石(シンダー)は植物検疫を通過できないので、残念ながら私は使えません。


2、3年目の実生苗(シードリング)に肥料をあげました。ゆっくりと水に溶けるタイプの緩行性肥料なのでたっぷりと一握り鉢にばら撒きます。3ヶ月間効き目があります。プルメリアは肥料好きです。特に鉢植えで育てるときは成長期に肥料を与える事がとても重要です。

 庭師の人たちが、シンガポールプルメリアの大木を30本掘り出していました。手際よくクレーンで持ち上げてトラックに積み込みます。ほとんど枝を折らずにすごいな〜と思って見ていました。まだ本格的に動きだす前なので、移植には丁度良いタイミングだと思います。


新しいお家で健康に育って欲しいですね。常緑種のシンガポールプルメリアですが、ノースショアは彼女らにとっては寒いのか、みごとに落葉しています!




2016年度春プルメリア予約受け付け中
http://www.plumeria-univ.com/news.html





ププケアホロホロ

イメージ
Pupukea(ププケア)とは私の住んで居る地域の名前ですが、White Shellという意味だと知りました。白い貝とは素敵な名前!

holoholo (ホロホロ)とはお散歩の事です。日本語はテクテクなど同じ言葉を繰り返す擬音語が多いのでイメージしやすいですね。

ププケアホロホロは、不思議な光景によく出会います。

車が近づいても絶対に動かない、度胸試しを続ける犬。



なぜかアヒルもホロホロ。



多すぎる番犬。



1馬力(ホースパワー)の乗り物。

ホロホロ ホース。


かわいいコテージ。


その奥に広がる絶景と広大な庭。




ここでは普通の光景なんだけれど、たまにおとぎ話の国に迷い込んだのかと思うような錯覚になります。現実なんだけれど、現実離れしている。ハワイはとても不思議で魅力的な場所です。





パパイヤの収穫方法

イメージ
1:大抵は背が届かないのでハシゴか木登りの技術が必要です。 2:黄色くなっているものだけ収穫。(木で完熟したものを食べるのは贅沢です) 3:パパイヤはねじってもぎます。




開花報告と樹形

イメージ
ペナンピーチに最初の開花がみられました。いつも思うのですが、プルメリアのはじめの1輪ってなんか生まれたばかりの子供のように「まだ上手に咲けないのね...」と思わず声をかけたくなってしまう雰囲気があります。
まだ本来の色と形が出てこない咲き始めのプルメリア。気温が高くなるともっと色が濃くなってきます。鉢植えの場合、肥料を与えても色が濃くなる傾向があります。

ペナンピーチはコンパクトサイズの品種です。右側の一般的なプルメリアルーブラ種の木と比べると分かりやすいと思います。 日本で育てるには良い品種です。


メレパボーマンも咲き始めました。大好きな品種です。花も大きい!



この列はシンガポールプルメリアと交互にメレパボーマンが植わっているのですが、白と黄色が交互に咲いていて、とてもかわいいです。

プリンセスビクトリアは樹形が美しいと思います。


並んでいると一目で分かります。根元から扇状にバランスを持って広がっていく感じ。どれも同じ形をしています。確かこの前UHの研究農場で見たプリンセスビクトリアも同じようでしたよね。


他にも開花しはじめていますが、太陽の良く当たる上の方から咲き始めるのでまだ写真が撮れません。





2016年度春プルメリア予約受け付け中
http://www.plumeria-univ.com/news.html



発根の準備

イメージ
少しずつ園芸品種の発根を進め始めました。
【カッティングのアドバイス】 皆様も自分のプルメリアをカットして植え付ける事もあると思います。鉢植えだと大きくなりすぎた時に剪定と一緒に行うのが一般的だと思いますが、カットした枝を植え付ける事を考えると、タイミングを考える必要があります。
休眠中は枝をカットしてもあまり白い樹液が出てきません。あまり樹液が出てこない枝はすぐに切り口がスカスカになり、カルスが出来にくい原因(=発根がうまくいかない)にもなります。剪定自体はいつしてもあまり問題はありませんが、剪定した枝を植える事を考えた時には、カッティングは春以降プルメリアが動き出し、水分を蓄えた後に行うのがベストです。
元気な枝はポタポタと水分が垂れてきます。


【PUメンバーからのアドバイス】 切り口は軽く乾いたら(樹液が垂れ落ちてこなくなったら)『トップジンMペースト』を塗っておくと良いそうです。ペースト状の抗菌剤ですが、全部に塗るの大変そう〜。と思ってやっていませんでしたが、今年は試してみる事にしました。(アメリカでも似たようなものがありそうだけど、良く分からなかったので、日本からいっぱい買って持ってきました。)



コーヒー休憩中に塗ってみました。これでいいのかな...?


下の写真は2、3週間前に試しに塗ってみたものですが、良い感じです。でも、もっと難しい品種(JL Black RubyとかMardi Gras...とか)そういうので試してみないと。。。結果が楽しみです。

今朝、ハレイワのガソリンスタンドのヤシの木に車が衝突したらしく、バッサリ折れていました。ヤシの木は「木」じゃなくて「草」みたいなものだから、脇芽とか出ないし、接ぎ木とかも出来ないですよね。かわいそうに。。。






2016年度春プルメリア予約受け付け中
http://www.plumeria-univ.com/news.html




JL Hawaiian Coral

イメージ
JLハワイアンコーラルが今年も咲き始めました。サンゴのようなサーモン色が美しい品種です。葉が出る前に花が満開になるので(早咲き品種)日本の桜のようなだな〜と思いなが毎年満開の時期を楽しみにしています。花が落ち始めると地面がコーラル色のカーペットのようになります。


すべての枝に花が付くんじゃないかと思うくらい、良く咲きます。満開の時にまた写真撮りますね。

園芸品種の割にはよく種も付けます。

原種は種をいっぱい付けますが、他のプルメリアはなかなか種を付けてくれません。たくさんあるワイメアの木ですが、唯一種を1個見つけました。

ハワイに住むようになって、いつもの年より時間があるので、ちゃんと品種ごとに種を分けてみる事にしました。


通常JLナーセリーは園芸品種ごとの種の販売しませんが(通常はミックスして販売しています)今年は許可をもらい、いくつかの種を今年の茅ヶ崎のイベントで園芸品種別に販売いたします。


でも「この品種の種をください!」というオーダーは受付られませんのでご注意ください。今後もたまたま見つけたらなるべく品種ごとに保管するようにいたします。



2016年度春プルメリア予約受け付け中
http://www.plumeria-univ.com/news.html



JL Confetti

イメージ
JLプルメリア農場の良い所は、すべてのプルメリアは地植えされている所。ノースショアの山の上で太陽をいっぱい浴びながら自然のままに育てられています。プルメリアを研究する上で樹形やその他特徴を知る上で特に利点となります。
例えば、このJL Confetti(JL コンフェッティ)はとても変わった樹形をしています。(注:確かConfettiというプルメリアの名前の花は別にもあったはずなのですが、 JL ConfettiとConfettiは別の品種です。)


コンパクト種と呼んでも良い大きさです。横には大きくなっていますが、高さがありません。以前プルメリアのサイズについてはこちらに記載したのでぜひ参考にしてみてください。



確か遅咲き品種だったので、まだ全然動いていませんが、小さい樹形に花がたくさん付いたらきっとかわいいでしょうね!


2016年度春プルメリア予約受け付け中
http://www.plumeria-univ.com/news.html



UHリサーチ農場

イメージ
島の東側に用事があったので、久しぶりにハワイ大学が所有するプルメリアの研究農場に行ってきました。普段居るノースショアは少し気温が低いので、咲き方が違うかな?と思っていましたが、だいたい同じような雰囲気でした。こちらも全体的にはまだ棒のみのような状態で、早咲きの品種が少し咲き始めている程度でした。

ノースショアの農場でもだいたい同じような品種が咲いています。
Tillie Huges
Kaneohe Sunburst

この研究農場はあまり園芸品種より比較的「原種」が多く集められています。プルメリアの原種は現在7種、8種と言われていますが、実際には定かではありません。。。
Species(原種):これは葉は細長く小さめ。ジャスミンのような香りがありました。
Maui Beauty

Princess Victoria
Vera Cruz Rose