投稿

4月, 2015の投稿を表示しています

2015年度メンバー登録開始!

イメージ
長らくお待たせいたしました!プルメリア・ユニバーシティ、 2015年度『新規メンバー』及び『メンバー更新』を開始いたしました。

詳しくは ホームページのMEMBERページよりご登録ください。(年間費は1,500円です。入金確認後、今年有効なパスワードをメールいたします。→メンバー専用のページが見られます。)徐々に情報を増やしていき、必要な時に必要な情報が集められるようにする事を目指したいと思います。お楽しみの内容なども追加していければ良いなと思っています。

まずは、Plumeria Study Vol.1~12のPDFデータを公開しています。これは、プルメリアの育て方や情報をまとめたシートで、2004年から4年間だけメンバーに配られていたものです。これら12枚、メンバー専用ページに公開しました。

Plumeria Study No.1 Plumeria Calendar プルメリアカレンダーPlumeria Study No.2 Insects damage & Solutions 害虫による被害と対処法 Plumeria Study No.3 Registered Plumeria Varieties プルメリアの園芸品種Plumeria Study No.4 Fertilizer Information 肥料の働きとその使い方Plumeria Study No.5 Pruning and after growth 剪定とその後Plumeria Study No.6 Winter Storage 冬の管理方法Plumeria Study No.7 Climate Zone Map プルメリア開花前線Plumeria Study No.8 Seed Pod プルメリアの種ができるまでPlumeria Study No.9 Cold Damage プルメリアの低温被害Plumeria Study No.10 Bud Growth プルメリアの花芽の生長Plumeria Study No.11 Grafting プルメリアの接ぎ木Plumeria Study No.12 Leaf Shape プルメリアの葉の形態と葉序 
今後もプルメリア情報はホームページやブログを通じてお届けしていきますが、大切な情報は、整理し、まとめ、メンバーと共有していきたいと思っています…

茅ヶ崎アロハマーケット2015

イメージ
茅ヶ崎アロハマーケットのイベントが来週末に迫ってきました!ぜひ遊びにきてください。今年は茅ヶ崎市がホノルルと姉妹都市の提携を結んだ年でもあり、今までで一番出店件数が多くなるそうです。海の近く、屋外での、のんびりしたイベントです。2日間ゆっくりお楽しみください。

プルメリア・ユニバーシティでは!

ハワイJim Little Plumeria産のカッティング苗(育てやすい品種から入手困難なレアな品種まで、いろいろ選べます!)鉢植え(こちらは今の時期あまり多くありませんが)「育て方講座」を開催予定!(予約不要。1日数回開催予定。)プルメリアの相談にもお答えできます。お気軽に声をおかけください。

などをご用意してお待ちしています。ぜひ遊びに来てください!



2015.5.9(土)・5.10(日) 9:00~17:00
場所:茅ヶ崎公園 入場無料

http://www.chigasaki-cci.or.jp/aloha/market.html




ご不便をおかけしております。

イメージ
プルメリアの掲示板「Plumeria BBS」が現在稼働しておりませんが、2・3日中に復旧するらしいのでもうしばらくお待ちください。ご不便をおかけします。

今日はJL Plumeriaの新しい発送用ダンボールが届きました〜!ご予約いただいた方は今週末に発送しますのでもうしばらくお待ちください。*一部事前にご連絡をいただいている方のみ別途日程を変更して発送いたします。(GW不在の方はGW後、または茅ヶ崎アロハのイベントで受取りの方)
苗木の在庫リストも近いうちに発表いたしますので、買いそびれちゃった!という方もリストの中からは選ぶ事が出来ます。

水やり開始&観察

イメージ
本当はもうちょっと早くプルメリアのお世話をしたかったけれど、なかなか時間がとれず、ようやく昨日お水をやったり植え付けしたりできました!


こちら半年近く水ももらえずに暗いダンボールで過ごした1年目のBag Rootingの苗。ドキドキの冬越しでした。


水もないのに、すごいですね。注意点:1年目の冬越しは生活しているリビングルームなど、とにかく気温の一定した暖かい場所に置く事をおすすめします。ある程度暖かいリビングルームの場合は水を1ヶ月に1〜2回くらい少〜しだけ与えると良いです。


中には残念ながら枯れてしまったものもあります。一見見分けがつきにくいですが、触るとフニャフニャなので分かります。


根も枯れています。根は一部枯れていても、苗がしっかりと固ければ生きています。根も全部が枯れている訳ではないので、新しい根が出てきます。

袋を開けて水を湿らせる程度にあげました〜!

*このBag Rooting(袋で発根させる)の方法は場所をとらずイベントに持って行ったり、発送したりの管理が簡単なので一部行っていますが、自分用に育てているものは普通に鉢植えで育てています。
下は、苗のまま新聞紙にくるんで冬越しをさせた穂木。これもどこまで持つか不安になっていましが、大丈夫でした。ようやく植える事ができました。ほっとしました。 *穂木がしっかりしていれば大丈夫ですが、品種によってはあまり保管しておけないものもあります。冬にハワイでプルメリアの穂木を買ってきてしまった人の参考に...。

一番うれしいニュース!!!
昨年秋に穂木が一部腐って、切りなおして乾かしておいたJL Mareka。秋に植え付けて、葉っぱも動き出していなかったので、根が出たのかもわからない状況での冬越しでした。きっと枯れちゃうな〜。と思っていたのですが、なんと、新芽が動き出しています。生きてるかも〜〜!


こちらBag Rootingでの冬越しJL Mareka. 寒さに負けず無事に冬越し成功。


結構太い根ですね。日本でも育てやすい品種である事を期待!


【ジムリトル産苗木予約の発送】5月2日(土)3(日)の発送を予定しています。どうぞよろしくお願いいたします。

ただいま。

イメージ
木曜日の夕方に戻ってきました。久々に長めの滞在となりました。だんだんと会う人が増えたりして、いくら時間があっても足りません。常にバタバタとしていたけれど、良い旅でした。
今回はホノルルへ行く機会も多くて、行ったり来たりしていたけれど、暗くなってから帰ると心配するので、日が落ちる前には家に帰ろうと思って、いつも夕日と追いかけっこしていたのが思い出です。



バイト君2人がかりでがんばって、ようやく雑草もなくなって一部だけスッキリ〜!このまま続けてくれると嬉しいな〜。(でも1週間に1回くらいしか働かないからな〜。先は長いな〜。)


お気に入りのビーサンもまた壊れました。次回からは安いLocals(ローカルズ)のビーサンになりそうです。



植物検疫も無事終了!

イメージ
植物検疫の人とも顔見知りなので、今回も無事チャチャっと終わりました〜。と言いたい所ですが、呼び出され洗い直し数本あり。なんとか終了。。。

検疫所にプルメリア・ユニバーシティの本を発見!!!私、置いていった覚えないけど、誰が置いていったんだろう...。「これ、私が書いたんだよ。」って言ったら「えーー!そうだったの?」って、めっちゃ喜んで盛り上がってくれました。プルメリアブックの方も置いていただこう。


最後の午後はパッキングをしながらお気に入りのフッカフカの芝生を裸足で歩きまわります。なんでこんなに弾力があるのか分からないけど、多分ピートモスとかを捨てておいた上に芝生が生えたのか、モコモコでフワフワです。赤土はお水をかけて、この上でこすると取れやすいので、バスマットのように使っています。

なんとなくこの家に住み着いているシドとは、以前より距離を縮めた感じがしますが、仲良くなったとは言えない距離感(笑)

気づくと背後に居ます。この微妙な距離感見習いたい所です。。。




結果ただの風邪でした。

イメージ
咳から、今度は鼻水になり、結果....よくある風邪の症状です。 数日前の、感じた事のないノドのイガイガはなんだったんだろう?日本でほとんど風邪ひいた事ないのに、ハワイのウィルスは日本とはちょっと違うのかしら?カッティングも終わり気が抜けたのかも知れません。ちょっと、もぉ〜としてるけど大丈夫です。
今朝はくっきりとした快晴でとても気持ちの良い天気でした!

「リトルハウス」はジムさんが友人と2人で作り上げた手作りの天井が高い頑丈な家です。良くこんなの作れたな〜。作ろうと思う事さえもすごいと思う。薄いグリーンの壁にヤシの木の影がトロピカルです。

庭にはカトレアの花が見事に咲いています。

今日は「ヒルハウス」に寄ってきました。いわゆるサーファーズハウスです。昔、多くの有名サーファーの溜まり場になっていて、ここから毎日サーフィンに通っていたそうです。今でもサンクスギビングにはヒルハウスに住み着いていたサーファー達とその家族がここに集まるのが習わしです。私がプルメリア農場に近いからって「リトルハウス」に入り浸っているのと同じ感じだそうです(笑)

シンガポールの木が伐採されていたけれど、小さな脇芽がたくさん出ていました。

風邪は悔しいけど、あとちょっとなので、ホールズでがんばります〜。






アレルギー体質

イメージ
数日前にアボカド半個をたっぷりとのっけたオープンサンドを作って食べてから、ノドに違和感を覚え、それから数日後に咳と痰が出る症状になっています。頭も痛くないし、体調も悪くないのですが、咳が止まらなくなったりする初めての症状です。呼吸困難になるほどではないので大丈夫そうですが、アレルギーっぽいので、抗ヒスタミン剤の薬をもらって飲んでみました。
バナナアレルギーがあるので、アボカドやキウイとかでも発症しやすいと書いてありました。家で収穫したアボカドを食べていた時は大丈夫だったので、輸入したアボカドの残留農薬かとも疑ったりしてみました。かなり化学物質に敏感な体質になってしまったようです。今までも思い返せば塗りたての壁の部屋に泊まった時には夜中に気持ち悪くなってもどしたりしてたな。。。
それ以外は順調です。昨日から用事があって1日ホノルルに滞在していました。頼まれて車のタイヤ交換までしてきたよ!!!おとといはATV(4輪バイク)が2台壊れてバッテリーを買いに行ったり、直すのを手伝ったり、バイクをトラックの荷台にのせたり!(さすがにムリ。息子たち呼んできてよ!って思ったけど自分で出来たっ!!やればなんとか出来るものですね。)
今朝はジムさん一人でカッティングをしてくれていたそうです。ありがたや〜。

写真は今年の夏リリース予定のMy Fair Lady(マイ・フェア・レイディ)去年もすごく満開に咲いていて綺麗だなと思って写真を撮っていたのを覚えています。

初ビーチDay!

イメージ
今日はジムが居なくて農場にも行けなかったけれど、良い1日でした。
朝食はブロック、クラークと私の3人。。。という珍しい組み合わせ。偶然ハレイワのコーヒーギャラリーで会って(びっくり!)じゃあ一緒に食べようか。。。のノリとなりました。ハレイワでは有名人の二人が一緒の事も珍しいので、次から次へ、いろんな人が声をかけてきました。

家に戻って、日本のお仕事をしていたら「トラック貸すからビーチでも行ってくれば?きっと楽しいよ。」ってブロックが言ってくれたので(せっかくハワイに居るのに部屋にこもっていると思われたかな?)午後からビーチに行ってきました〜!

家の坂を下りた、スリーテーブルって名前のビーチに行こうと思ったけど、近すぎて(トラックの運転も楽しかったのでもうちょっと遠くへ行きたかった)ハレイワのビーチまで行きました。海が近すぎる!って感覚が面白かったです(笑)



貝拾いは新たなテクニック!?をマスター。名付けて”バックウォッシュ・シェルハンティング” 海岸で貝を拾うんじゃなくて、波打ち際の貝がたまっている所で『引き波』の時に貝を見つけてパッと一瞬で取る技(ザルがあったらもっと効率的!と思った。)
たまに波が強くて足元すくわれたり、引き波と一緒に海に引き戻されたり、波に負けじと波打ち際で踏ん張ってると貝とか石とかがゴロゴロ当たって痛かったり(親指の爪が割れた!)、たまに大きな波が来て上手にボディーサーフィンができたり!陸の上で貝を探しているより楽しかったです。



晩御飯はアメリカの家庭料理の定番「ツナキャセロール」の作り方を教わりました。作り方と言っても、茹でたマカロニにツナ缶とキャンベルのクリームマッシュルームとミルク、セロリとかほうれん草とかアスパラとか適当に好きな野菜を混ぜてチーズをのせてオーブンで30分焼くだけです。

JL Hawaiian Rose

イメージ
JL Hawaiian Roseはぷっくらとした花弁と濃いイエローがとても目を引きます。香りも強いです。ジンジャーの香りがする事に気付いたのは去年の春でした(過去の記事)。
少し発根が難しいようなので、安易にオススメするのは躊躇しますがとても良い品種です。
でも、このきれいなプルメリア。。。


写真からは予想しずらい、こんなへんな所で咲いています(笑)間違いなくコンテナに立てかけて置いておいたものが根付いた感じです。これを見る限り難しそうには見えないんですけれどね〜。

Sun will rise.

イメージ
今日はイースターの祝日です。イースターの正式な過ごし方は日の出前の朝6時から始まるEaster Sunrise Serviceに行く事だそうです。朝5時起きはきついな〜と思ったけど、せっかくの機会なのでアメリカの伝統的なイースターの過ごし方を体験するべく、朝5時起床。真っ暗な誰も居ないノースアショアの海に真っ白な月が浮かぶ幻想的な風景を眺めながら夜明け前から教会にでかけました。この光景が見られただけでも、早起きした価値がありました。


教会のミサでは普通の日曜教会と同様、牧師さんの話しを聞いたりみんなで歌を歌ったりしました。かなりカジュアルな感じの雰囲気ですが、だんだんと外は明るくなり『暗闇の中でも必ず太陽は昇る』ってことを肌で感じさせる為のミサだったような気がします。



さすがに眠くて、家に帰って二度寝。 お昼はクラークとサンディの両親、兄弟、親戚一同が集まりお昼を食べてから(お墓参りしないけど、1年に一度集まる感じがちょっとお盆とかお彼岸ぽい!?)恒例のエッグハントです。デーンがすごく大人っぽくなって、一人前のお兄さんになっています。



まだ眠いし、今日は1日のんびりデスクワークします。。。

快晴です!

イメージ
4月に入り、気温がぐんぐんと上昇。晴れの日が続いています。暑いけど貿易風も吹いていて、いい感じ!

草刈りのバイトに来た人が連れてきたMohawk(モヒカン)くん。「待て」って指示したら、ちゃんと写真撮らせてくれて、「Go!」って言ったら飼い主のトラック追っかけて走っていきました。とっても利口なモヒカンくんです。


プルメリアのカッティングをようやく始めました。師匠の指示に従って、強い品種から順次はじめます。赤いトーチジンジャーが咲いていたので、お部屋に飾ろうと思って切ってきました。

ATV(4輪バイク)の運転もかなり慣れてきてました。農場用のビーサンは薄っぺらくなって、ほとんど裸足の感覚で気に入っています。いろんなものが刺さるので本当はブーツの方が良いのですが、新しい草刈りの人の働きに期待!ノースショアの人は波乗りいっちゃって来なかったり、すぐにサボったり(笑)日本じゃありえない感じの人がいっぱいいるのです。

このまえ仙台で買ってきたスタバのSENDAIマグカップ。ジムに取られた。


Kimoって!!!(続)

イメージ
昨日のハワイ語のKimoの英訳がJimだって事にはじまり、なんだか話の続きが見えてきました。

KimoはずっとOP=オープンポリネーション(自然受粉によって出来た種を植えたもの)かと思っていたら、Ted Chinn(テッド・チン)さんが作り出した交配種だったという話しです。

テッドさんにはお会いした事はないのですが、プルメリアを調べていると良く写真と名前は出てくるので知っていました。ハワイの方です。

テッドチンさんはカフェテリアを経営するビジネスマンで、大のプルメリア好き。お写真では分かりませんでしたが、実は視力がほとんどないそうです。どうりで香りの良いプルメリアが好きなわけですね。

実はプルメリアの交配をはじめたのはジムさんより先なようで、1番目がモラーニーさん、2番目がテッドさん、3番目がジムさんと、いう感じで受け継がれています。

.... という事はもしかしたら、Kimoはジムさんのために名付けられた品種なのかと思ったら、テッドさんの名前にもJames (ジェームス・テッド・チン)が入っていたので、自分の名前を付けたんですね!*ちなみにJames(ジェームス)の愛称がJim(ジム)です。ジムさんも本名はジェームスです。



キモは気温などによっても色が随分左右されます。この写真は昨日のオレンジ色の写真に比べたら、少しピンク色っぽいですね。

Kimoって!!!

イメージ
丸1日半をホノルルで過ごしてきました。
さて、ちょっと新しい情報を。
Kimoってオレンジ色のハワイではメジャーなプルメリアですが、Kimo(キモ)はハワイ語で、英語の意味はJim(ジム)だって知っていました?ハワイではよくある「キモ」という男性の名前ですが、太っちょのハワイアンのイメージだったので、ジムさんはハワイ語名はキモだって事を知ってなんか一人で面白がっていました。