投稿

11月, 2013の投稿を表示しています

プルメリアの冬越し(2年目以降)

イメージ
地植えのシードリング(前回の記事)ですが、とても寒くなるという先週のニュースを聞いた日に引っこ抜いておきました。




1度冬越しを経験したプルメリアの根は強くなっています。太い根が伸びているのが見えるでしょうか。細い根は弱いので休眠中に全部枯れてしまいます。この太い根が残っていると、寒い冬にも枯れずに春には再び新しい根が出てきます。(この太い根の皮を剥くと中に白い根が見えます。)


昨年は1年目の冬越しだったので、鉢に植え替えて生かさず殺さず....半休眠状態で(たまに水をやる)冬越しをしましたが、今年はこのままビニール袋に入れて春まで放っておきます。
この様に束にして置いておきます。置き場所も取らないし、サボテン系のプルメリアならではの冬越し方法だと思います。葉は切り落としておいても良いですが、1〜2週間でキレイに根元から取れるので、私はそのままにしています。

Makaha Rell Sunn

イメージ
ハワイのノースショアでは最も盛り上がるサーフィンの大会トリプルクラウンVan's World Cup of Surfingが開催中。11月から12月にかけて行われるワールドツアーの最終地がノースショアなのです。11月にアリィビーチでリーフハワイアンプロ、サンセットビーチで今日やっていたワールドカップ、そして最後はパイプラインで行われるパイプラインマスターズでフィナーレを飾ります。
昨年のパイプラインマスターズの時期にはちょうどハワイに居ました。車の渋滞がひどかった思い出と(一度出かけると帰ってこれなくて家にこもってた...笑)、家からチャリで試合が見に行けるなんてすごいなと感じた事と、次の日に準決勝の試合を控えていたケリースレーターにも会ったりして!頭のいい人だな〜という印象を持った事と、(翌日はもちろん、めちゃケリースレーターびいきで応援したのは言うまでもありません。見た所で何が勝ちだか良く分かってないけど...。でもオーストラリアの選手に負けて悔しかった。)私、こんな環境に居るのにサーファーじゃなくて、もったいない。と感じたものです。
そうそう、サーファーってなんか浮ついた印象(ごめんなさい)を持っていましたが、ケリースレーターとブロックリトルに会ってからは相当印象が変わりました。訂正させていただきます。

そんな、サーフィンの話題からもプルメリアにつなげますね。これはマカハ・レラ・サンというプルメリアの品種です。(Makaha Rell SunnはMakaha Sunnと呼ばれている場合もあるようです)これにもストーリーがあります。
プルメリアコレクターの一人が、ハワイのマカハという地域のある庭に、とても美しいプルメリアを見つけて、その枝を分けてもらいました。その家は、女性サーファーのパイオニアとしても有名なレラ・サンの家だったという事が後から判明。
そのコレクターは彼女の名前を付けて欲しいと、ジムリトルナーセリーにその枝の株分けを置いていきました。それが今、農場で大きく育っているMakaha Rell Sunnです。実際に彼女の家の庭に咲いていたものだと思うと、この花の色のように暖かい気持ちになります。

New! Plumeria iPhone cases

イメージ
Plumeria Bookの裏表紙と一緒のiPhoneケースが出来ました♡
友人のショップが数量限定で発売したものです。グリーンとピンクの2種類あります。植物だけじゃなくて雑貨はないの?とたまに聞かれるので、ようやく一つ販売するものができました(笑)

私はグリーンをチョイス。クリスマスプレゼントにも良いですね!




撮影協力としてジムリトルナーセリーとプルメリア・ユニバーシティを紹介していただいています。ありがとうございます。
2,940円(税込)で販売しています。購入はネットショップまたはメールにiPhoneケース希望と明記の上、色と数量を記載ください。送料レターパック全国一律(350円)でお届けいたします。*iPhone 5/5s専用です。*振り込み用紙を同封させていただきます。


地植えシードリング2年目秋

イメージ
種から発芽したシードリングを地植えにして育ててみた実験。さすがに地植えにしたままにしたものは寒さで枯れてしまいました。秋に掘り起こし、春に再度植え直したものはぐんぐんと生長し、2年目ですでに接ぎ木に使えそうなサイズにまで生長。個体差はありますが、地植えの方が生長が良さそうですね。地植えシードリング昨年の記事



昨年は10月中旬にすでに鉢上げしていました。11月中にはなんとかしないと。その前に寒さで枯れませんように...。9月中旬頃はハーブで賑わっていた花壇でしたが、次は 球根植物がすでに顔を出しはじめています。生存競争の激しい庭です。

プチプチに変わる気持ちよさを発見!!!シャーーーってすぐに裂けます。

Aloha Meeting 3

イメージ
志木フラワーの金子さんもお仕事の途中に立ち寄ってくれました。夏にプルメリアに発生し、生産農家さんも苦労する問題、ハダニ、さび病、オンシツコナジラミの事について話してくれました。これを出さない方法が分かってきたようです。来年もう1年実験をして上手く行ったら、プルメリア・ユニバーシティにも教えてくださるとおっしゃってくれました!とても楽しみです。

さあ、ここから上の階へ移動し、みっちり2時間の講習会が始まります.....って、そんな事ないです。天気も良かったので窓から見える海がキラキラしてて気持ちよかったです。


ゆるゆると自己紹介をしつつ、自分の育てているプルメリアの事や、気づいた事、質問はまとめておいて、あとでみんなで話し合って意見を出し合います。

自己紹介ではRemyちゃんも、ノースショアの実家のプルメリアの木について話してくれました。

質問で議題に上がった冬越しの説明。マットさんがまずは、一般的なプルメリアの冬越しについて説明をしてくれました。

その後、意見を出し合ってより良い方法を考えだします。

他にも意見がある場合には、自分はこうやっている!というのを出し合います。植物の場合は、正解は一つだけなんて事はないのです。色々な方法があり、皆自分に合った方法を試していくのだと思います。色んな意見が聞けて楽しいです。


そもそも植物を育てる事自体が実験みたいなものなのですから、はじめは結果は見えていなくても良いのです。ちょっと海外の人が試していたのが面白そうだったから試してみました!という好奇心が植物をより楽しくさせるのです。
これは、花芽のある枝を発根させながら上手に咲かせる方法の実験を持って来てくれました。根がよく観察できるようにペットボトルを鉢として使用しています。この実験は花もちゃんと咲き、とても上手くいったようです!

そしてやまちゃん(aka 教授)『プルメリアの花の咲かせ方講座』もはじまりました。咲かせ方といえば日光や水や肥料温度.......などいろいろありますが、肥料の与える時期についても実験結果が聞けました。それに加え、とても興味深い意見として、剪定をして栄養の配分をコントロールし、花付きを良くするという事です。果樹の剪定は実がつきやすくコントロールするのに、プルメリアは花が付きやすい苗木を選ぶ事はするけれど、それを生育過程で自分でコントロールした事…

Aloha Meeting 2

イメージ
朝から花屋さんの業者の様に大きな車に大きなプルメリアと、大きな葉っぱを摘んできてくれたPUやまちゃん。プルメリアユニバーシティ10周年記念の為にこんな素敵なギフトをプレゼントしてくれました!うーーーん、どこの壁にかけようかすごく悩む。イベントに出張させればレイをかけておけるけど、リトルハウスの木の壁にも似合いそうだと思った。農場内のガレージ(レイを収穫するバケツが置いてあったり、工具や、ATVが置いてあったりする場所)は汚れるけど、しっくりくると思う。

こんなに大きなプルメリアを持ってきてくれたRiekoさん。色が白っぽいけれどJean Moragneです。プルメリアは天候や気温、日照量によっても色が変化しやすいのです。

ランチを食べながらしばらくワイワイ。

ソフトドリンク飲み放題と、サラダバーと、お昼ご飯と、食後のアイスクリームを付けて一人1000円で、しかもレストランをほぼ貸し切りにして自由に使わせてくれたthe Canteenのスタッフにも感謝です。

ローカルフードに、そうそう!ローカルガールも来ました。ノースショアで有名なマツモト シェイブアイスのマツモトさん家の長女Remy(レミー)ちゃんです。ハワイの子はすくすく育ったせいか、なんか初々しくて可愛らしいんです。
日本でタレント活動をはじめるそうです。これからメディアに出てくる事になったらレミーちゃんをどうぞよろしく〜!
Remy愛オフィシャルBlogはこちら Biographyページはこちら マツモトシェイブアイスの歴史はこちら

あれ?まだ本題に届かない。
つづく。

Aloha Meeting 1

イメージ
昨日はアロハミーティングでした。ご参加いただいた方ありがとうございます。お疲れさまでした!他の写真は会報誌にも載せますが、どんな事やっているのかな〜?という方の為にもご報告も兼ねていくつかに分けて書いていきたいと思います。
さて、当日は天気もとっても良く気持ちよい朝を迎えました。地植えで毎年ぐんぐん大きくなっていくティーリーフとレザーファーンを切って持っていきました。図鑑によると非耐寒性と書いてありますが、どちらもここ2年雪が降っても枯れません。来年はプルメリアもダメもとで同じ場所に植えてみます。

早めに来てくださったメンバーが咲いているプルメリアの鉢を持ってきてくれました!ありがたいです。


こんな大きなバナナの葉やクワズイモや巨大モンステラの葉も!なんだかテンション上がってきました!

会報誌も全号持ってきました!

つづく。

明日はアロハミーティング!

イメージ
バックナッンバーが今日届きました。こんなにいっぱいいらない!ってくらい沢山できちゃった。ははは....。
ついでに今までのバックナンバー全部ならべてみました。→一覧はこちら それぞれに思い出がありますね。メンバーの皆さんも自分の報告等が掲載されている号は覚えている事でしょう。



明日はアロハミーティングです。 プルメリアの掲示板 Plumeria BBSでお世話になっている方も多いと思いますが、プルメリアを毎年上手に咲かせている”やまちゃん”が『プルメリア、花の咲かせ方』講座をしてくれます。どんな研究結果なのか楽しみですね!
日本でタイ産(ジャングルジャック農園)のプルメリアを生産している『志木フラワー』の金子さんも参加してくれます。日本でプルメリアを育てるテクニックが聞けるかな? *志木フラワーさんの温室の1年を取材した記事は PU PRESS 24号に掲載されています。
明日は晴れるらしいですね。レインボーブリッジを渡ってお台場に集合です!まだ参加の連絡をしていない方もWELCOME です! アロハミーティング



バックナンバー再版に向けて

イメージ
今週土曜日はアロハミーティングですね。メンバー限定のイベントです。ハガキを送る時に、遠くて来られない方にはすごく申し訳ないな....という気分になります。ごめんなさい。でも、気分だけでも!と思い、北は北海道、南は沖縄までメンバー全員にハガキを送らせていただいています。参加予定の方は2日前までにメールでご連絡ください。
10周年に向けて何かしようと思い立ち、在庫が1冊も残っていない幻の!VOL.1とVOL.2を再版する事にしました〜!!!(当初メンバーが少なかったので、人数分だけ少ロットで印刷したのです)今年の春そんな話しも出ていました→過去の記事
データを見直しながら10年前の出来事を懐かしく思い出しました。プルメリアの写真を集めるのに苦労していましたね。表紙も自分で咲かせた花を使用していました。1号はシンガポールプルメリア、2号はデイジーウィルコックスが表紙です。 VOL1はマウイ島のプルメリア農園を特集しました。記事を書くためだけにハワイに行って、取材なんかした事ないのにアポとって(笑)とても懐かしい思いでです。
PU PRESS VOL.1 :特集「パラダイス・プルメリア・ファーム」マウイ島・クラ

実験のページではイエロープルメリアのCeladine(セラディーン)を葉から見極めようとしています(笑)あの頃は、葉とか一生懸命観察していました。


2冊目はココクレーターはじめての特集です。行き方なども丁寧に説明してあります。 PU PRESS VOL.2:特集「ココクレーターボタニカルガーデン バーチャルツアー」

品種紹介のページでは2号目ですでに、ドナルドアンガスの花の紹介でジムリトル氏登場していてびっくりしました。今ではこれほどまでにお世話になる方になるとはこの頃は想像もできませんでした。

今週の土曜日、アロハミーティングまでに印刷が刷り上がる予定です。バックナンバーとして(各500円)で販売させていただきます。今後バックナンバー紹介のページ等も作っていきたいと思います。
BECOME A MEMBER!

収穫の秋

イメージ
今年もザクロ収穫の季節がやってきました。今年も豊作でした。見かけはちょっと悪いけれど、実はとても大きくておいしいです。


プルメリアは落ち葉を収穫中。。。とうとう葉が落ちはじめてきました。昨晩寝ている時に同じ部屋に置いてある鉢から「カサッ」っと葉の落ちる音が聞こえましたもん。

プルメリアは水を控えはじめているのと、寒さで、少しくったりした感じになり、下葉から黄色くなってきています。今日はほぼ全部の鉢植えを室内に移動させました。

Hawaiianpaint KAN 個展のお知らせ

イメージ
昨年Plumeria Bloomというプルメリアを題材にしたグループ展を一緒に行った友人が再びプルメリアをテーマに個展を開催します。
バイタリティのある(+感情が盛り上がりすぎて涙もろい...笑) KANさんの作品はエネルギッシュな彼女のイメージとは真逆でとても繊細。彼女を見ていると『そうそう!アーティストはエネルギーと愛情の塊だったんだ!』って事を再び思い出させてくれます。
木にウッドバーニングという技法で絵を焼き付けて、その上から絵筆でペイントするという方法で絵を描いています。立体的な作品なので、実物を見て頂く方が良さが分かるのではないかと思います。プルメリア好きの皆様にはうってつけの作品展です。お時間がありましたらこの機会に作品をぜひ見てみてください!

HawaiianaintKAN 2013 個展開催のお知らせ 2013 Plumeria christmas 想いをのせ 大空に羽ばたくプルメリアをご覧ください 11月12日(TUE)~11月17日(SUN) 11:00~20:00最終日17:00
104-0061 東京都中央区銀座7-10-5 ランディック第3銀座ビルB1F GINZA 木の香 ACCESS
 Hawaiianpaint KANホームページ



JL Pink-White-Rainbow

イメージ
今日はうれしいお便りをご紹介。
 -------- 昨年購入した JL Pink/White/Rainbowが咲きましたのでご報告します。花は大きく(8~9cm)、色合いも白を基調にピンク・イエローが美しくボリューム感が有り、花もちも良く、香りも有って素晴らしいプルメリアです。さすが、J.L.さんブランドのプルメリアですね。現在も咲いていますが色が抜けて花も小さくなって終わりに近づいています。  --------
日本で綺麗に咲かせているのを見るのは本当にうれしいです。このお花、実際に私もまだ見た事がなかったので、上手に咲かせてその報告を日本で聞けるのはすご〜いですよね!
ありがとうございました。