投稿

10月, 2018の投稿を表示しています

プルメリア「秋の育て方」

イメージ
初めての冬越し。10月で葉があるにも関わらず水やりをストップしてしまったり、少しだけ水をやると聞いて霧吹きで水やりをしてシワシワが取れなくて悩んでいたり、室内の暗い部屋に置いても大丈夫なのか?などなど、いざ冬を目の前にして、初めての冬越しは不安がたくさんあると思います。
ここでは、植え付け1年目(もしくは冬越し初心者)の秋の育て方についてまとめてみたいと思います。育てる環境により違いがありますが、気温や植物の状態を観察するようにしてください。
プルメリアは15度以上で生育します。15度以下だとあまり動きません。葉が落ちなければ水やりが少し必要です。葉がなくなったら水やりは必要ありません(枝がシワシワしたら少しだけ)。


【プルメリアブック P42】




1年目の鉢植えは葉が黄色くなり始めたら室内へ移動。10月はまだ水を与えても大丈夫です。11月から徐々に水の量と間隔をあけて、冬越し株へと持っていきましょう。
夏は毎日与えていた水やりが、1週間に1回、2週間に1回、1ヶ月に1回。 といったように徐々に間隔をあけていきます。(これが10月から12月頃にかけて) 気温が15度以下に下がるようになったら、水の量もさらに減らしていきます。 12月はコップに一杯を1回程度。 1月はおちょこに一杯を1回程度。 1月末ごろには完全に葉が落ちて休眠を始めたら起き始める4月まで全く水を与えず冬越しをします。 *置き場所により違います
置き場所は生活をしているリビングルームが一番暖かいのでおすすめです。玄関のコンクリートの上では気温が下がり寒くて枯れてしまうので要注意。陽射しが入らない部屋でも気温が安定していれば大丈夫ですが、温度が急激に下がる冬には加温が必要です。


【プルメリアブック P43】

何年か経つと、プルメリアの根も丈夫になり、少し無理をさせても耐えられる体力が出てきます。葉を全部カットして水を断ち一気に冬越し株にしたり、気温がやや低くても耐えられるようになります。
*1年目の鉢植えは慎重に10月末頃移動させて、大鉢は12月頃まで放って置いて室内に移動させていました。

1年目の鉢植え、初めての冬越しの方は、育てながら葉が黄色くなって行くのを観察して、時期や気温を確かめながら、室内に移動し、水やりを少しずつ控えながら11〜12月頃までに休眠させるようにしてみましょう。部屋があったかく…

プルメリアショップは10月末日まで

イメージ
今年最後のウェブショップの更新です!(もしかしたら、あともう1回更新あるかも知れませんが)

WEB SHOPの販売は10月末日頃までとなります。どうぞよろしくお願いいたします。雑貨や種は冬の間も引き続き販売いたします。特定の品種または休眠中でもプルメリアの鉢植えを購入希望の方はメールでお問い合わせください。
【予告】11月頭からは来春に向けての予約販売開始します。


https://plumeria.theshop.jp



去年より実験をしていたベラクルーズ・ローズのプルメリア・ウォーターも数量限定で販売開始しました。




ハワイ、ジムリトルナーセリーで育つ特別な品種、バラの香りのするプルメリア、Vera Cruz Roseを使用した香りのミスト「プルメリア・ウォーター」です。水とプルメリアの花だけを使用した蒸留水で、花を摘む所から蒸溜まで全て手作業により完成しました。純粋に香りを抽出した「プルメリア・ウォーター」は、髪や枕元にシュッとひと吹きし、自然そのものの香りをお楽しみください。 *産地:ハワイ(オアフ島) *内容量:35ml *抽出方法:水蒸気蒸留法 *製造・発売元:OHANA LAB

シンガポール・ホワイトもあります。香りの違いをお確かめください。





プルメリアを室内に移動

イメージ
昨晩ハワイに戻ってきました。早速今朝から農場へ。のど風邪は治らずやや咳き込んでいましたが、ぐっすり昼寝をしたらスッキリ!かなり回復しました。寝るのが一番ですね。


日本に何をしに帰ってきたのかというと、もちろんアロハミーティングの為でもありますが、プルメリアをしまいに来たのが目的です(笑)
春のイベントの時(5月)にプルメリアを外に出して、秋のイベント(10月)にプルメリアを室内に移動するのが定番となりつつあります。
世話が出来ないので、土の上にずらりと並べて置いてあります。雨も当たるし、片側が塀で反対側は低い壁なので、暑くなり過ぎず、台風が来ても倒れにくい。根は水を求めて土の中に根を張るので水枯れもしにくく、今の所、これが一番簡単に管理できる方法です。


根が少し土の中に入っていますが、鉢ごと引っこ抜き、雑草の手入れをしておしまい。



まだ本格的に葉が黄色くなっていませんが、今しかないのでもう室内に移動させます。

葉っぱを取っておきます。

Heidiの実生。そろそろ咲いてくれても良いのだけれど、あまり手をかけていないのでまだ咲かず。葉が丸くてかわいいです。


斑入りの葉は涼しげですね。私の中でこれは観葉植物というか、インテリア。ちょっとキレイな鉢に植えられています。


日本は思ったより寒くなく快適な気候でした。プルメリアはまだ屋外でも大丈夫そうですが、そろそろ準備が必要ですね。
まずは小さい鉢から移動させましょう。冬越しに慣れていない人は葉は取らなくても大丈夫です。気温の低下とともに葉が黄色くなるのを観察しましょう。水も徐々に控えていきます。
質問もあったので、また改めて「冬越し」をはじめて経験する方の為に詳しくご紹介したいと思います。


↑カランコエも多肉植物です。


いま高知

イメージ
アロハミーティング後、もう飛行機に乗りたくない!とブツブツ言いながら羽田空港へ。高知にやってきました。母親の姉に会う為です。


あっという間に到着しました。龍馬空港。


暖かい気候でグロリオサを栽培しているようですね。



眠いのを我慢しながら、日本の美味しい食べ物を満喫しています。



翌朝はお墓まいり。朝からノースショアのハイクを彷彿させるロケーション。柴犬Junも一緒です。

アメリカに住むいとこの息子が大学を休学して高知に日本語を勉強しに来ています。初のお墓のお掃除。日本の文化も学んで帰ってほしいですね。

お墓からの眺めが絶景でした!

私は田舎寿司を食べられるのを楽しみにしていました。(ひろめ市場)


流石に長旅で疲れが出ました。のどが痛くて声が出なくなりました。土佐名物「冷やしあめ」生姜の飲み物です。

高知の日曜市。


Ginger Flower
買いそうになった。
高知城。

室戸岬までドライブ。眠いのを我慢して、帰りに頭が痛くなり大変でした。この頃はまだ元気。



母親孝行も出来て良かったし、久しぶりに親戚に会えたのも良かったです。


あと数日メールの返信が遅れますが、しばらくお待ちください!よろしくお願いいたします。























アロハミーティング2018ご報告

イメージ
ご参加ありがとうございました!合計27名で特別な土曜日を今年も過ごす事ができました!


土曜日の午前中は静かなお台場です。


今年で15周年となるアロハミーティグです。


昔は自分で咲かせたお花の写真を見せ合いながら、お互いの情報を交換していたのが始まりです。15年たって、随分と色々な事にまで挑戦できるようになってきました。
今年は蒸留の研究をしているOHANA LABさんとお花を蒸留して香りを取り出す実験です。


蒸留の実験にはフレッシュなお花を使用します。どの状態のお花を摘むのが良いかなど、一番香りの強い状態を確かめたりしたりしながら、お花を摘みました。


毎回花と水の量を計ります。



しばらく置いておきます。お水にプルメリアの色も移っていますね。

蒸留器で煮出し、水蒸気を冷却して、お水に香りの移った「蒸留水(プルメリア・ウヴォーター)」を取り出します。


しばらく冷蔵庫でねかせて、香りが安定してきて完成です。
今回は香りの違うCeladine, Singapore, Vera Cruz Roseの3品種をイベント会場では嗅ぎ比べしていただきました。


数十本ですが販売もできます。近日中にウェブショップにもいくつか掲載しておきますので、香りに興味のある方はぜひお試しください。OHANA LABさんからも11月1日販売開始となります。




いかがでしたでしょうか?香りは香水のように長続きするものではありませんが、Ph値が髪の毛などにはとても良く、枕にシュッと振りかけたりリフレッシュの為に使用するのも良いようです。




プルメリア女子。


さて、二時限は「真夏の水やりの管理について」
『今年はとても暑く長い夏になりました。  皆さんのプルメリアの状態はいかがでしたでしょうか?  我が家のプルメリアはここ数年の間で最も調子の上がらない年になりました。なぜそうな ったのかを考えると今年の夏が特別だったからに違いないと思い、いろいろと調べていく中で水やりの管理方法によって違いが出ていることに気が付きました。調子の悪い要因は他にもあったのかもしれませんが、今回は主にその水やりをメインに夏の管理について研究報告をします。 』



いろんな実験を踏まえた報告をしていただきました。記録をとることの大切さを再度認識します。


メンバーがどの時間に水やりをしていたのか?なども反対に質問しながら’プルメリアなやま…