投稿

11月, 2012の投稿を表示しています

Pops

イメージ
Pops(ポップス)は赤色プルメリアです。 これはちょっと変わった赤色プルメリアで、花弁の先に白い斑点が現れます。「白色がPops Up(出現)するからPopsなの?」 JL「....いや、そうじゃないと思う。ポップだからじゃないか?....いや、もしかしたらそうかも知れないな。そんな風に考えた事なかった。」 全部の花弁に入っている訳ではないのですが、“ポップ”な白い斑点が“ポップアップ”する『POPS』です! Pops

名前は重要!Banana Berry

イメージ
この前紹介したフラガールもそうですが、プルメリアのネーミングって重要だよね!と感じさせるのはこのBanana Berry(バナナ・ベリー)もそう。 その美味しそうな名前は黄色と淡いベリー色の花弁で、美味しそうな色合いそのものです。花の色や形状を連想させてくれる名前って重要ですよね。 Banana Berry

キョウチクトウ アブラムシ

イメージ
長年プルメリアを育てていますが、先日プルメリアにアブラムシが群がっているのを初めて確認しました。 黄色いアブラムシです。「キョウチクトウアブラムシ」でしょうか...。プルメリアもキョウチクトウの仲間ですが、今までプルメリアに発生した事はなかったので、ちょっとびっくりです。 もう落葉する季節なので、あまり心配はしていませんが、これが春の新芽の季節に発生したら嫌ですね。

冬支度

イメージ
プルメリアを室内に移動したのが「秋支度」だとすると、大きな鉢をようやく室内に移動させ、部屋の中でガタガタと温室を組み立て、すでに移動させてある小さい鉢を暖かい温室内に移動させるのが私の中の「冬支度」。 今年植えた小さい鉢を温室に詰め込むのですが、今年は思ったより増やしていなかったのか、それ程大変ではありませんでした。 まだ使わないだろうけれど、サーモスタット付きのパネルヒーターをセットし、10度に設定してみた。陽光ランプも付ければお決まりの冬支度の完成です!

Island Life Style Show

イメージ
今日午前中は横浜の大桟橋で開催している「アイランド・ライフスタイル・ショー」に顔を出してきました。 今年開催したグループ展Plumeria Bloomのトモミ(Hawaiian Paint KAN) やロドさん、他にもカメラマン多数、知り合いアーティスト勢ぞろいのイベントです。市川園芸、エキゾチックプランツの尾崎さんまで居ましたよ。 サーフアートやネイチャー、クラフト色が強いイベントになっていくと楽しそうですね。 一日限りのイベントですが、本日夕方6時まで開催していますので、お時間のある方はゼヒ行ってみてください。

Puu Kahea

イメージ
レインボー系プルメリアで他にも大好きなのがありました! プウ・カヘアという品種です。これも比較的昔から園芸品種として登録されているものです。 私も随分前から育てていますが、黄色とピンクのコントラストが鮮やかで、咲くと花は大きいしゴージャスで毎回ワクワクします。 枝は細めでひょろっとしているのですが、育てやすい品種です。

Lei Rainbow

イメージ
レイ・レインボーはもう知っている方も多いと思いますが、レインボー系プルメリアの王道と言えると思います。別名はNebel's Rainbow(ネーベルズ・レインボー)です。 マニアックな園芸品種ばかり紹介して、これは発根が難しいです...なんて書いていると、プルメリア初心者の方には育てるのが難しいかも....と思われてしまいそうで(笑)ベーシックでかわいらしく、しかも育てやすいプルメリアもちゃんと紹介しておかないと!と思いたちました。 私も間違いなく、大好きなプルメリアトップ10に入れると思います。ぷっくりとした花弁は厚みがあって、丸っこいのがとにかくかわいく、名前の通り、レイにしてもとてもかわいらしいプルメリアです。プルメリアらしいプルメリアとも言えると思います。 Lei Rainbow Lei Rainbow

JL Starlignt

イメージ
プルメリアはやっぱり黄色が一番! という方に新たなイエロープルメリアのご紹介。 JLスターライトです。 Celadine(セラディーン)より花弁がほっそりとしています。花弁の裏側にはピンク色のラインがくっきりと入っていますが、その色が表側から見ても見えるので、エッジがピンク色になっているのがかわいいです。触ってみないと分かりにくですが、とにかく花弁が厚くてしっかりとしているのが特徴です(マダム・ポニーくらい分厚い感じ)。裏側もかわいいし、花持ちも良いのでレイにするのに最適です。ホワイトに分類されている場合もあるようですが、私はイエローだと思います。 随分前にJLブランドとして品種登録をして、アメリカ本土ではとてもポピュラーになったものです。日本にはまだまだ紹介されていないものばかりなので、新しいものだけでなく、昔からある優秀な品種も紹介していきたいと思います。 JLスターライトの話しをしていた日は、ママさんからハレイワのお寿司屋さんのクーポン券を$40ぶんもらったので、お昼はお寿司屋さんでテイクアウトをして農場でピクニックをした日でした。お寿司と天ぷらでピクニックなんて初めてで(笑)やたら新鮮でした!しかもハワイだし。 スターライトの名にふさわしい素敵なストーリーでもあれば良いのですが.....どうも、私の中では『お寿司&天ぷらピクニック = JLスターライト』になってしまっていて(笑) 素敵な品種である事は間違いないんです!  JL Starlight

Gloria Schmidt レインボー

イメージ
おはようございます♪ グロリア・シュミットの写真届きました〜! 「シンディ・シュミットほどドラマチックじゃないよ...」と簡単にスルーされかけましたが、ちゃんと覚えていてくれました。 シンディ同様に中央のオレンジ色が濃いですね。 素敵なレインボープルメリアじゃないですか! Gloria Schmidt

Hula Girl (Pink)

イメージ
フラガールと呼んでいるのが Hula Girl Red(レッド)の事で、実はピンクもあります。 こちらもかわいいでしょ!これは育てた事がないので発根の難しさは良く分からないのですが、枝の細さからして、Hula Girl Redと同様に少し時間がかかるような気がします。 比べてみるとHula Girl Redの方がやや小ぶりです。淡いピンク色がかわいいです! Hula Girl Pink Hula Girl Pink(左) Hula Girl Red(右)

Hula Girl (Red)

イメージ
最近は取材でもない限り、ハワイに居ても大きい一眼レフカメラで撮る事が少なくなってきてしまった。携帯のカメラの画素数が良くなってきたので、ほぼ携帯で何でもパシャパシャ撮っています。ブログにアップするのも気軽になりました。 明日は友人がディレクションをするフラのホイケ(発表会)のお手伝いをする事もあり、今日は、Hula Girl(フラガール)という赤系プルメリアをご紹介! 実際には濃いピンク色っていうのでしょうか。小ぶりながら、密集して咲くのでとてもかわいらしい。名前もかわいいですよね。枝はほっそりとしていて、そのようなプルメリアは経験上、根付けるのが少し難しい...。というか時間がかかる気がします。 ☆中級レベル:根付けるのに多少慣れた方むけです。 Hula Girl Love iPhone!

Schmidt Redとは...!

イメージ
プルメリアのトリビア的なお話し。 シュミットの名が付くプルメリア3種類のうち、Schmidt Red(シュミット・レッド)は.... 実は、Hilo Beauty (ヒロ・ビューティ)だった!という雑学。 Schmidt RedとされるプルメリアとHilo Beautyが似ている事からしばらく観察し、ドナルド・アンガスさんと検討した結果、同じ花である。と、随分昔にそう結論付けたらしいです。 なので、JLナーセリーではHilo Beauty aka. Schmidt Redという認識になっています。 一応Schmidt Redも品種として取り扱っておりますが、ほぼ同じお花だと思って良いでしょう。(なぜかHilo BeautyよりSchmidt Redの方が値段が安くなっておりますが...) *aka. (as known asの略。同じ品種の事を指す時に使用します:別名) Hilo Beauty

Cindy Schmidt 2

イメージ
紛らわしかったので、だめ押しでシンディ・シュミット。 やっぱりもう一方が気になったので、グロリア・シュミットの写真ありますか?と農場へ問い合わせてみました。探してくれたけれど、どうやら見つからなかったようなので、やはり写真はお預けに。でもキング・オブ・プルメリアの回答は...「グロリアはシンディほど魅力的な花じゃないよ」と...いう訳なので(笑) シンディ・シュミットの方だけ知ってれば充分かもしれませんね! シンディ・シュミットの歴史も今度会った時に話してくれるそうなので、Cindy Schmidt 3 (←なんか映画のタイトルっぽ〜い) をお楽しみに! Cindy Schmidtはハワイのノースショアへ行く途中、パイナップル畑のど真ん中にあるDole Plantation(ドール・プランテーション)にあるキオスクでも販売しています。ここはJLナーセリーの苗木がアウトレット価格で購入できる場所でもありますので、ハワイへ行かれる方はぜひ立ち寄ってみてください。選りすぐりのプルメリアが常時15品種くらい取り揃えています。 *プルメリアのKioskは正面入り口向かって左側にあります。 メンバーからシュミットには「Schmidt Redもありますよ〜!」と教えていただきました。この際まとめて覚えちゃいましょう。(なんか、受験っぽいね...。) シンディ・シュミット "オレンジ"ってちゃんと書いてありますね。 Dole Plantation  64-1550 Kamehameha Hwy. Wahiawa, Hawaii 96786 Phone: 808-621-8408 http://doleplantation.com/JP/Index.html

Gloria Schmidtは...?

イメージ
前回グロリア・シュミットを紹介したなら、やっぱり次はシンディ・シュミットでしょ。 って書いていたら...? あれ...?何かおかしいぞ。グロリアとシンディを間違えてしまいました。 お詫びと訂正をさせていただきます...。 前回紹介したのはシンディ・シュミットです!!!(上書きして訂正しました。)あ〜良かった気がついて...。 そうなんです。2種類くらいSchmidtの名前があって覚えてはいるのですが、色がごっちゃになってしまいました。シュミットさんの奥さんと娘さん...でしょうか。お花の名前はブリーダーの家族の中でも女性の名前が付けられる事が多いですよね。 でも、Gloria Schmidtの写真が見当たりません。 Googleで検索すると色々写真は出てくるのですが、インターネットは間違っているものも多数あるので(私を含め。とほほ...。)なるべく農場で自分の目で確かめたものだけを記憶するように意識しています。間違えたものを記憶すると余計混乱するので...。なので、写真はまた今度!そもそもお花の写真を撮っている時に間違えていたので... 名前の看板のみ。

Cindy Schmidt

イメージ
Happy Aloha Friday!! お天気が良い日が続いていますね。 昨日(まだ)外に置いてある鉢に水あげちゃいました...。だって、まだ葉が落ちないんですもん。(東京@ビルの谷間恐るべし...) 今年はいつもより日焼け(農場焼け)したせいか、なんだかものすごく肌が乾燥しています。農場では暑くても長袖着たり、ちゃんと帽子をかぶったりしないと大変な事になる...と反省しました。 これから少しずつ、来年の春に向けてプルメリアの紹介をしていきたいな~と思っています。みなさんのお気に入りの花が見つかると良いですね。 今日は.... Cindy Schmidt (シンディ・シュミット) とっても中央のオレンジがカラフルなプルメリアです。 改めてこれキレイだな~と写真を撮りながらうっとりした品種です。インパクトのあるカラーリングです。オレンジ系の色合いが好きな人向け! Cindy Schmidt Cindy Schmidt

小石川植物園

イメージ
しばらく仕事に没頭した日々が続いていましたが、ようやく開放されました。自分をとり戻す為に行く場所は、いつも植物園。 植物園は大抵空いてるし、人にも会わないし、緑がいっぱいだし、都内においては貴重なオアシスです。 小石川植物園は東京大学の大学院理学系研究科の付属植物園です。建物がどれも歴史を感じさせる造りで可愛らしいんです。温室が並んだ棟があるのですが、ちょっとノスタルジックな雰囲気を醸し出していてワクワクします。温室は45年が経過し、建て替えが必要なようです。(寄付を募っていました) 不思議なのは...入園料¥330を購入する場所が、なぜか向かいのパン屋さん。 植物園の入口にはチケットの半券を切るおじさんが居るのに...なぜ!? 今は花のシーズンではありませんでしたが、寒くないのでピクニックには最適です。もう少し経てばツバキも咲きはじめます。