投稿

5月, 2016の投稿を表示しています

JL BROCK'S WAVE

イメージ
JL Brock's Wave(JLブロック・ウェイブ)はジムリトルの息子(ビッグウェイブサーファー)ブロック・リトルの名前をとって、ブロックの波と名付けた品種です。巨大なレインボープルメリアです。


親木が1本しかないので、いざという時の為にバックアップを作ろうと4月に枝を数本カットした時はまだ花は咲いていませんでした。

2品種を同時期に日本で花を咲かせたいという、素敵な事にトライしてくれる人がいました。『同じ日に枝をカットしてください。』とお願いもあって、かなりセンチメンタルな気分になりましたが、日本でも育ってくれるのは嬉しいです。


私の疑問はこの2品種の開花時期でしたが、ラッキーな事に同時期開花でした。昨日のJL Marekaの記事の通りこちらも咲いていたので、早咲きでも遅咲きでもない、6月が満開になる通常のタイミングです。下記写真は昨日撮ったもの。JL Brock's Waveもいつの間にこんなに咲いていました!ジムさんもエキサイトして、バイクの上に乗って写真を撮っています。

真っ白な花弁にカールした真っ赤な花弁が大きな波のようです。


ちなみにこちらも発根は難しくなく、植え付けたすべてが成功。1ヶ月で発根しました。良かったです。


新しい葉が動き出してくる時はワクワクしますよね。



苗木予約受付中:〆切2016年6月15日(水) http://www.plumeria-univ.com/news.html
















JL MAREKA咲きました‼︎

イメージ
『JL MAREKA咲きました‼︎  by夫』というメールをいただきました! 

ーーー昨年、2015年5月11日の茅ヶ崎のイベントでJL MAREKAを夫が買わせていただき、ブログにも載せていただきました💕あれから1年で花芽が付いたので苗木が弱ってしまうんじゃないかとか、お花がちゃんと開かないうちに落ちてしまうんじゃないかとかたくさん心配しておりましたが、今日見たら元気に全開になっていたので思わず写メを撮って送ってしまいました😅ーーー

>>覚えています!温室もあるって言っていましたよね?良いところにお嫁に行ったと思いましたが、やっぱり良かったです!!!『夫さんありがとうございます。』




ハワイでも開花が始まっていたのを確認したので、私もちょうどメール頂いた同日に写真を撮っていました!(なんという偶然)

JL MAREKAは中央のイエローがとても濃く、ハート型がくっきりと出ているのが特徴です。花弁の裏側には濃い赤色のボーダーが入っているので、つぼみは赤色です。香りは甘くマイルド。色合いからもなんとなくハッピーになれるお花です。Celadineの実生なので、強く育てやすいのもの良い点です。


苗木予約受付中:〆切2016年6月15日(水) http://www.plumeria-univ.com/news.html






苗木予約再開しました!

イメージ
プルメリアの『苗木予約』の受付を再開しました。〆切は6月15日(水)です。

予約はこちらから Plumeria University News>>http://www.plumeria-univ.com/news.html
品種のチェックはこちらから JL Plumeria Hawaii>> http://www.jlplumeriahawaii.jp



【PU2016度メンバー特典】 覚えていますか?プルメリアユニバーシティのモットーの3つめは『集める』です!少しでも、新たな品種を知るきっかけ、育てるきっかけになればと思います。
今回はオレンジ色と花弁の形状が美しい、LAVA FLOW(ラバ・フロー)を50%OFF!品種の詳しい特徴は改めてご紹介させていただきます。
2016年度メンバー募集中



私は目下のミッション、プルメリアの品種IDチェック。まだまだ格闘中。。。ふとバイクのシートの上に登ってみると、こんな天国のような風景に出会えました。



4〜5分咲きですが、海を望む丘の上の農場に色が増えてきました。とても美しい風景です。









JL Starlight

イメージ
JL Starlight(JLスターライト)過去の記事(2012年11月19日)に一度紹介していますが、やっぱり正しいサイズ、色や形状を知るにはこれからの時期にリサーチしないといけませんね。。。という事の良い例でもあります。11月に撮った写真ではもっと花弁がほっそりとしていたし、大きさもここまで大きくありませんでした。
今日見たものは、以前見たものと印象が全然違うくらい、インパクトがありました。天ぷらピクニックの時(前回見た時)のイメージは一気に払拭!

Celadineより花弁が厚いのは前回も気に入った部分ではありますが、大きさで印象が全然違います。レイにも使えるこの花弁の厚みとサイズ感(甘い香りもあります)!とても気に入りました。人気のあった品種だという理由が良く分かります。


友人の家のヤギが子供を産みました。とてもかわいいです。この子たちを農場で飼えば、雑草がなくなるんじゃない???なんて話していました。

しばらくヤギを観察していると。。。


柵を乗り越える勢いで、隣のプアケニケニの花と実を食べています。


ヤギだって、より美味しいものを食べようとするに決まっています。 たいてい、人間の考える事は浅はかです。




AZTEC GOLD / CANARY

イメージ
相変わらず、時間のある午前中は古いリストの名前と実際の木を照らし合せて数を確認をしたり、もしかしてこれって、プルメリアの棚卸し?みたいな気分になってきました。そんな事でも私にとってはあくまでも研究です。色々気になって他の木をチェックしたりし始めるので、なかなか前に進みません。。。
昨日は、昔から人気のAZTEC GOLD(アヅテック・ゴールド)がCANARY(カナリア)と混同されている事がよくあるので、気になり始めました。いずれも淡黄色で、セラディーンより少し大きめの花です。AZTEC GOLDがCANARYとして販売されていたり、もしかしたらAKA(同一品種、別名)なのかもと思っていたりもしました。
私も実際の所良く分かりません。古いリストを見てもAZTEC GOLD (CANARY?)と書かれていたりするものがあるので、やっぱり同一種なのかも。。。と思っていた所に1本だけ "TRUE" CANARY(本物のカナリア)と表記されているものを見つけました!!!
あわててAZTEC GOLDの木に戻り花をピックして、比べてみます。

AZTEC GOLDにはうっすらと赤いラインが入っています。つぼみはうっすらとピンク色です。


カナリアと表示されていたもの。全体的に同じ色合いだったけれど、こちらの花には花弁の裏に赤いラインが入っていませんでした!これがホンモノのカナリアか??今後も気にして見ていきたいと思います。


これもCANARYかも?と思っていたのでメモがてらに添付。どこに植わっていたかなんとなく覚えているので、正確な場所をチェックして資料と見比べてみたい。これも花弁裏に赤いラインは入っていない。



近所の人にライチをいただいた。アボカドもそうだけれど、種が大きすぎるのはあまり良くありません。これはとてもジューシーで種が小さかった優良種!!!(プルメリアもそうだけれど、この種を植えても同じものにはなりません。フルーツは接ぎ木や取り木苗から育てます。)

品種マップの作成

イメージ
ここハワイの農場には約4000本、650種以上のプルメリアが植えられています。かなりのコレクションですが、花が咲き始めたのをきっかけに『農場マップ』の制作&整理をし始めました。1列1列順番にみて、以前作った農場マップ(品種リスト)と比べながら整理していきます。これが、かなり良い勉強&新たな発見になっています。
実生(シードリング)の列は結構面白い。これは、Celadineの実生だそう。黄色の親木からピンク色の花が生まれています。結構可愛いんじゃないでしょうか?


これはDaisy Wilcoxの実生です。形状やサイズがDaisyにそっくりで、赤色というところが面白いです。


一列ずつ歩きながら、一本一本チェック。途中からジムさんが合流して、不明な部分をカバーしてくれます。


Giant Shell(ジャイアントシェル)ホワイトシェルの大きいバージョンです。色はこちらの方が、ややピンク色が濃いめ。

Supernova(スーパーノーバ)は名前だけ知っていたかれど、どこに植わっているか分からなかったし、ちゃんと見た事はなかった。 ようやうご対面!雨続きで発色が鈍かったようですが、大輪で香りも良くて、遠目からみてもすごいゴージャスだった!



せっかく水を送るパイプの取り替えを10年ぶり?くらいに終えた所なのに、バイクでひっかけたようだ。また仕事を増やしてしまった。。。すみません。
3台ある4輪バイクも最近調子良くなくて、先週は農場より、バイク屋さんに行った回数の方が多かったかも!





野ブタを発見。バイクの影からそっと観察。

今はかわいいけれど、これが大きくなるとプルメリアの木の根元をかじったりするので、困るんです。今は草を食べているように見えました。山にたくさん生息していて、糞尿で川の水とかが汚染されるのも問題になっているようです。日本だと川の水ってキレイなイメージだけれど、ハワイでは傷口とかあったら化膿しそう。。。


前回見た時より大きくなっていますが、まだ子供です。





Luauの準備

イメージ
ブロックの葬儀の日時が決定し、本格的な準備が始まりました。6月26日(日)ワイメアベイを貸し切って行われ、誰もが参加できるイベントのようになりそうです。クイックシルバーのエディアイカウのイベントを仕切るチームが全ての準備をしてくれています。
私は一般に告知するデータなどをすでに作り終えました。辛い作業ではありますが、デザインの部分で出来る事はすべてやるつもりです。今日は食事の準備があるというので参加しました。慣れたチームの中できっと足手まといになるかとも思いましたが、どんな風にやっているのかを見たかったし、行って本当に良かったです。
食事も自分たちで全て800名分を用意します。タコとタロイモの葉を使ったLuauの下準備でした。タロイモの葉っぱは喉がイガイガする成分があるので良く煮て使用します。硬い軸の部分と先端のトゲを取ります。


ハワイアン・ウォーターパトロールを率いるテリー・アフイを筆頭にノースショアのライフガードたちが手伝ってくれていました。テリー・アフイが「手伝うか?」と声をかけてくれました。やり方を教わって準備を少し手伝う事ができて嬉しかったです。ちなみにタコはもちろん誰かが釣ってくる予定なのだそうです。800人分のタコを釣るとか、たぶんマグロも釣ってくる予定。本物の「海人」たちなんだな。。。とスケールの大きさに感動します。

大量のタロイモの葉を触り、手がかゆくなり、まだ少ししびれています。たぶん食べられないように毒を持っているのでしょう。プルメリアの樹液も毒がありますが、さんざん触ってきているので、別になんともありません。タロイモにもこれで免疫ができるでしょう。


煮るとほうれん草のようになります。誰も気にしていないようでしたが、かき混ぜるシャモジがパドル用のオールです。カイ・ガルシアはスタントマン。ブロックが一番仲良かった親友なんじゃないかな。ブロックの病気が発覚した少し後に、心臓発作を起こして入院した。どれだけショックだったろう。男の友情は女性同士のそれとは全く違う、何か特別なものがあると思う。


鍋をかき混ぜているというよりは、オールで船を漕いでいるようにしか見えません。。。奥がハレイワビーチのライフガードのサム、手前がワイメアビーチのケリーです。二人ともブロックがとても仲良かった長年の信頼できる親友です。


交代でずっと誰かがかき混ぜています。これは…

IPC2016報告

イメージ
INTERNATIONAL PLUMERIA CONFERENCE (IPC2016) アメリカ・フロリダ州のネイプルズで昨日より開催されたプルメリア国際会議の様子の写真が届いたのでシェアさせていただきます。
トロピカルビレッジの白川さんは『GROWING PLUMERIA IN JAPAN』という内容でスピーチを行い、日本のプルメリア愛好家たちの活動を報告しました。

日本の気候、育てる環境、人気のある園芸品種の紹介や、

日本のプルメリア愛好家、コレクターの紹介や、温室建ててる人の紹介(きっとPUでおなじみのあの方や、この方も紹介された事でしょう♪)

プルメリア・ユニバーシティというソサエティーがある事や、

発刊物や、イベント、その他活動内容、

ホームページもあるよ。。。など紹介して頂いたようです。ありがとうございます。他にも、接木のテクニックの紹介や、オーガニック肥料の効果など、多岐にわたる内容で、聴衆の方にも喜ばれたのではないかと思います。

 奥様と一緒に行かれたようです。いいですね!スピーチも終わった事ですし、残りのフロリダの旅楽しんでください〜!!!



その他、プルメリアのレイメイキングの実例をパネルで紹介したアイリーンさんには先日5/1日に作ったレイの写真を提供いたしました。ありがとうございます。


コンファレンスは22日まで続きます!