2014年7月22日火曜日

実生苗との違い

植えるのが(発芽をチェックするのが)好きなだけで、用途は全く考えずにまたタネ植えちゃった。


同じシードポッドからのものなので、いろいろと実験するには最適です。




こちら地植え実験(2012年6月〜)丸2年。やはり地植えの方が生長が早いようです。太い枝でなければ、もう接ぎ木の台木として使用出来そうです。


台木に使用しようと思って育てていた苗ですが、葉っぱも丸っこくてなんだか可愛らしいです。どんな花が咲くんだろう.....?咲かせてみたいな....。台木としてカットしちゃうなんて可哀想だな....などと違う事を考え始めます。う〜ん。。。


こちら、左の花がPenang Peach、そして右側の花がPenang Peachの実生です。一見近い印象ではありますが、実際にはとても違います。右の花の花弁は薄くPenang Peachの特徴でもあるとても厚い花弁の特徴は持ち合わせていません。品種改良の大変さと面白みがありますね。

左:Penang Peach / 右:Penang Peach Seedling