JL品種の開花

アメリカでは超大型ハリケーン「イルマ」の被害が連日報じられていますが、ハワイではハワイの心地よさの元である「貿易風」があまり吹いていなくて暑い日々が続いています。ネットで、日本も大型の「台風」が接近している情報を農場でコーヒー休憩をしながら見ていました。



そんな気温が不安定そうな日本の天気を見ている中、日本から開花のお知らせの写真が3件も届いていました。日本に帰った時に随分「涼しいな...」と感じましたが、気温が不安定&日照不足の夏でもキレイに咲かせていて、どれも素晴らしく、朝から関心しきりでした。

黄色い花弁に赤い先端の赤色が特徴的なJL Don Ho「こんな大きかったっけ?」というくらい立派です!

写真:K.N.様

JL Sandyはとにかくカワイイです。小ぶりだけれど肉厚、花弁の形も可愛いし、オレンジ色のハートが中央にあって、香りもとても良い!

品種名が決まるまではPink Pansy 2号と呼ばれていました。そう、JLピンクパンジーを作り出したシードポッドから生まれたJL Pink Pansyの姉妹です。人工交配がこの素晴らしい花を生み出しました。まさに、ジムリトルの作品です。

写真:Y.S.様


JL MarekaはCeladineとの交配種。しっかりとしたアイボリーの花弁と黄色いハート型の花弁、裏側は濃いピンク色で華やかです。いっぱい咲いていっぱい💛💛💛💛💛が見られますように!

写真:S.H.様

こちらもJL Mareka。1週間前にお写真を送ってくれた東北の方です。去年の夏から育て始めて今年花芽をつけたようです。気温の違いで成長のスピードは違いますが、寒い地方でもプルメリアの特性に合わせて管理をすればちゃんと育てられます。寒い冬になる前に咲いて欲しいですね!

JL MAREKA 写真:Y.T.様

たくさんの開花のお知らせありがとうございました!





人気の投稿