2017年1月31日火曜日

プルメリア枝の観察

プルメリアの枝は良く見ると5つの組織で構成されています。




1)表皮:見るからにこの一番外の薄い皮で中の組織を保護している感じがしますね。とても重要そうです。これが傷つくと菌とか入りやすくなるのかな。




2)内皮:グリーンの部分。生長している時の枝はこんな色ですよね。



3)その内側は基本の組織があって


4)そのまた内側には、堅い木部が存在します。枝が太くなるとこの部分が堅くてカットするのが大変になってきます。

5)そして一番内側は、スポンジのように水分を多く含んだ組織になっています。



枝が太くなっても同様です。