2016年8月3日水曜日

アロハヨコハマ2016 :あと1日

明日から3日間のイベントが始まります。いよいよ「夏」という感じがしますね!お天気にも恵まれそうなので、水分補給を忘れないようにご注意ください。

プルメリアの他にはハワイで欠かす事のできないもう一つの植物、TI LEAF(ティリーフ)もご紹介させていただきます。

フラをやられてる方はもちろんご存知でしょうが、フラスカートにも使用しますし、レイにも使用します。育てるのがプルメリアに比べると100倍簡単な事とか、冬も葉が落ちないから寂しくないとか、グリーンの一般的な種類は地植えも可能な事とか、葉色がかっこいいし種類も豊富な事とか、包んだり飾ったりハワイでは神聖な葉として用途が多様な事とか、きりがありませんが、とにかく気に入っています。ハワイではこの葉にお世話になる事が多いです。*冷凍しておくと「熱さまシート」にもなるんですよ!

写真はハワイの庭に植えられているサボテンとティリーフのコラボ。中央のレッドxグリーンのティーリーフと、左の方に写っているのがグリーンのティーリーフです。葉色だけで存在感があり美しいです。



赤色の発色を良くするには、太陽に良くあてる事です!これはプルメリアの花も同様ですね。プルメリア同様夏の間は外で育て、冬は室内で育てます。葉も落ちないのでインテリアになりますね。



こちらはハワイではメジャーな赤色のティーリーフ。グリーンとのコントラストが美しく、飾り方によって色んな表情を見せてくれると思います。日本だったら素敵な素焼きの鉢に植えておいて玄関脇などに飾ったりしても良いと思います。






こちらは『エメラルド』と呼ばれている品種。普通のグリーンティリーフより光沢があり、葉に厚みがあります。



矮小種もあり、こちらも集め出したらきりがなさそうです!(けれどすでに集め始めています!)葉色をミックスして1鉢に植えても大丈夫です。

イベント会場でお待ちしています!

他には、チューベローズもご用意あります。レイの花材としてとても人気で、香りの良い白い花が咲きます。大きくなって花芽が出てきたら支柱を立ててて倒れないようにすると良いです。球根なので、毎年だんだんと増えてきます。冬場は霜の当たらない場所に移動をさせて春を待ちましょう。



では、明日よりお待ちしております。