2016年5月26日木曜日

AZTEC GOLD / CANARY

相変わらず、時間のある午前中は古いリストの名前と実際の木を照らし合せて数を確認をしたり、もしかしてこれって、プルメリアの棚卸し?みたいな気分になってきました。そんな事でも私にとってはあくまでも研究です。色々気になって他の木をチェックしたりし始めるので、なかなか前に進みません。。。

昨日は、昔から人気のAZTEC GOLD(アヅテック・ゴールド)がCANARY(カナリア)と混同されている事がよくあるので、気になり始めました。いずれも淡黄色で、セラディーンより少し大きめの花です。AZTEC GOLDがCANARYとして販売されていたり、もしかしたらAKA(同一品種、別名)なのかもと思っていたりもしました。

私も実際の所良く分かりません。古いリストを見てもAZTEC GOLD (CANARY?)と書かれていたりするものがあるので、やっぱり同一種なのかも。。。と思っていた所に1本だけ "TRUE" CANARY(本物のカナリア)と表記されているものを見つけました!!!

あわててAZTEC GOLDの木に戻り花をピックして、比べてみます。

AZTEC GOLD

AZTEC GOLDにはうっすらと赤いラインが入っています。つぼみはうっすらとピンク色です。

花茎11cm-12cm

カナリアと表示されていたもの。全体的に同じ色合いだったけれど、こちらの花には花弁の裏に赤いラインが入っていませんでした!これがホンモノのカナリアか??今後も気にして見ていきたいと思います。

CANARY

これもCANARYかも?と思っていたのでメモがてらに添付。どこに植わっていたかなんとなく覚えているので、正確な場所をチェックして資料と見比べてみたい。これも花弁裏に赤いラインは入っていない。



近所の人にライチをいただいた。アボカドもそうだけれど、種が大きすぎるのはあまり良くありません。これはとてもジューシーで種が小さかった優良種!!!(プルメリアもそうだけれど、この種を植えても同じものにはなりません。フルーツは接ぎ木や取り木苗から育てます。)