Roadside Gold

ロードサイド・ゴールド。聞き覚えがないと思いますが、それもそのはず。正式名称ではありません。ハワイ大学のDr.クライリー教授が見つけて「道ばたで見つけてきたプルメリア」と言って持ってきた名前がそのまま通称になって農場に植わっています。農場でも道側に植えてあるのでそのままロードサイド(道ばた・街路樹の意味)で間違えはないですね。


 Roadside Gold


ゴールドというよりオレンジ色です。とても綺麗で目に止まります。Kaleinaniにも似ていますが、違います。



クライリー教授といえば、送られてきたHawaii Landscapeという雑誌にプルメリアの記事が載っていました。




原種についての話しです。プルメリアのDNAテストをした時の事が書かれています。クライリー教授は園芸品種より原種に興味があり、コレクションしています。ハワイ大のプルメリア・リサーチステーションは歩き回るには程よい大きさなので、PUの皆で見学に行けたら良いな、と思う場所です。



  1. Plumeria Isabella (イザベラ)
  2. Plumeria Alba (アルバ)
  3. Plumeria Caracasana(カラカサナ)
  4. Plumeria Cubensis(キューベンシス)
  5. Plumeria Pudica(プディカ)
  6. Plumeria Stenopetala(ステノペタラ)
  7. Plumeria Stenophylla(ステノフィラ)


.... あれ?
教授、チューベキュラータの記載を忘れています。。。





スキャンをして、ホームページで閲覧できるようにしておきたいと思います。どなたか掲載後「日本語訳」ボランティアできる方(数名で手分けしても良いですね)がいましたら嬉しいです。→ホームページに掲載済 「Study」→「プルメリアに関する参考資料」


どれも白くて香りも弱いプルメリアの原種から、よくぞここまで色のバリエーションから香りのバリエーションまで多様な変化を遂げてくれました!

道端に咲く雑種でさえ美しいプルメリアにあらためて感謝したいですね。



\プルメリア園芸品種  販売中/