資料の整理

前回のハリケーン・レーン(LANE)に続きオリビア(OLIVIA)が近くにきています。すでに温帯低気圧になっていてますが、昨日は風が強く午後から停電、昨晩は雨が強く降っていました。

朝はコーヒー片手に農場チェック。ぬかるんでいて車中から眺めるだけですが、雨の日はコーヒーが美味しいですね。




こんな日は、ジムから渡された膨大なプルメリアの資料に目を通しながら、整理するのにちょうど良いです。JLの品種を登録した時の記録なども含まれるので、私の知らなかった情報も見つけ出すことができそうです。




過去のメールのやり取りなどから、今では聞く事も不可能な、貴重な内容を見つけ出すことができます。少し見ただけでも、ずっと気になっていた農場にあるReddish Moragne(レディッシュ・モラーニ)の名前を資料の中から見つけました。大輪の赤花で開花期が長いので気に入っていました。

実際にモラーニさんの品種なのかが分からずにいましたが、この資料からオリジナルのモラーニ種だという事が判明しました。Yellow Moragneと同様にReddish Moragneもモラーニさんから受け継いだ品種だということが分かりました。




他にもオレンジ色の美しい花を咲かせるCindy Schemit(シンディ・シュミット)の奥さんグロリアさんとの手紙のやり取りの中から、どの品種との掛け合わせなのかを知る事ができます。これら資料から多くのプルメリアの歴史を知る事ができそうです。時間がかかりそうですが、少しずつ目を通していきたいと思います。




不必要な資料は整理しちゃって良いよ!
と言われたけれど、どれも怖くて捨てられません。
とりあえず2枚コピーがあるものは1枚に…。



人気の投稿